1st

The Music

★★★☆

大胆なバンド名を冠した10代5人組の1st。 Stone Rosesなどが引き合いに出されるとおり、いわゆるマッドチェスターからの影響を色濃く反映したグルーブ感の強いサウンドが特徴的。 狂気と才気が入り混じったような楽曲は若さがなせる業でしょうか。この説明のつかないようなパワー溢れるサウンドに魅了された人も多いのでは。 オススメは、2.4.7.

  • 1.The Dance
  • 2.Take The Long Road And Walk It
  • 3.Human
  • 4.Truth Is No Words
  • 5.Float
  • 6.Turn Out The Light
  • 7.The People
  • 8.Geteway
  • 9.The Disco
  • 10.Too High
2nd

Welcome To The North

★★★☆

2nd。前作荒々しいまでにブイブイ鳴っていた重低音は若干影をひそめ、バランスの整ったサウンドに。 メロディも前作よりキャッチーなナンバーが多く、全体的に聴きやすく仕上がっております。 こんな感じも悪くないのだけれど、ちょっと彼らの色を薄めすぎたかなというオーバープロデュースな印象です。 楽曲自体は非常に良いと思いますが。限定盤のボーナスディスクはライブ音源。 オススメは、2.8.9.

  • Disc1
  • 1.Welcome To The North
  • 2.Freedom Fighters
  • 3.Bleeding From Within
  • 4.Breakin'
  • 5.Cessation
  • 6.Fight The Feeling
  • Disc2
  • 1.Welcome To The North(Live)
  • 2.The People(Live)
  • 3.Freedom Fighters(Live)
  • 7.Guide
  • 8.Into The Night
  • 9.I Need Love
  • 10.Open Way In,No Way Out
  • 11.Open Your Mind
  • 4.I Need Love(Live)
  • 5.Bleed From Within(Live)
  • 6.Take The Long Road And Walk It(Live)
3rd

Strength In Numbers

★★★☆

解散危機などを乗り越えて前作から約4年ぶりとなる3rdフル。 タイトルナンバー1.が体現しているとおり、デジタルなサウンドに随分歩み寄っており、The FaintやBASMENT JAXXなどを思い起こさせます。 メロディやサウンドにも彼ららしさは十分残っているとは思うけれど、1st時のファンには賛否両論。 これまでのアルバムと比べるとパンチのあるナンバーが少ないかなぁ。限定盤のボーナスディスクの方が良い曲多い。 オススメは、1.2.8.

  • Disc1
  • 1.Strength In Numbers
  • 2.The Spike
  • 3.Drugs
  • 4.Idle
  • 5.The Leftside
  • 6.Fire
  • Disc2
  • 1.The Price(Steve Fitzmaurice Mix)
  • 2.The Rain
  • 3.Traps
  • 4.What Am I
  • 7.Get It Through
  • 8.Vision
  • 9.The Last One
  • 10.No Weapon Sharper Than Will
  • 11.Cold Blooded
  • 12.Inconceivable Odds
  • 5.Symbol Of Hope
  • 6.Victim
  • 7.Strength In Numbers(The Whip Re-mix)
Member Photo

関連レビュー

SEO [PR] ギフト 音楽配信 コンサート情報 わけあり商品 無料レンタルサーバー