The Posies Japan Tour 2011

最新アルバムの日本盤を出したThistime Records×SidemillitiaInc.による来日企画に行ってきました。
久しぶりの渋谷クラブクアトロ。相変わらず柱が邪魔です。


オープニングアクトはOceanlaneのアコースティックセット。 僕は正直(2ndアルバムの頃)彼らのライブを見て、音源と違いマッチョな音作りなんだな、と感じていて。 加えてドラムの不安定な感じが気になって、あまり良い印象はありませんでした(当時はドラムはサポートだったと思います)。 今日はアコースティックセットなんで、当然そこら辺の心配はなかったし、音源上でも3rd・4thと断然良くなっていってたので不安より期待のほうが大きかったかな。
アコースティックセットということで、ツインボーカルのハーモニーも活きてたし、期待通りのできじゃなかったかな、と。 Oasisの"Wonderwall"のカバーとかもやってましたね。それは僕的にはそんなに...でしたけど。


そしてThe Posies。 始まって数秒で驚いたのはギターボーカルのKenがまぁ飛ぶ飛ぶ(Jonも飛んでたけど飛距離は短い)。叫ぶ叫ぶ。 サウンド面でもそういうUS的なパワフルな面があるのはわかってましたが、どちらかというとメロディ、ハーモニーを大切にするバンドという認識でいたので、 あんなにヤンチャな感じだとは思ってませんでしたねー。結構なベテランですし(笑)。とはいえ淡々と演奏しているベース・ドラムの安定感たるやで、バンド全体のバランスがしっかりとれてるのは流石ベテランという感じでしょうか。
僕はアルバム全部持ってないので知らない曲もありましたけど、再結成後の作品からの選曲が多かったかな。当然っちゃ当然だけど。 お客さん(僕を含めて)はFrosting On The Beaterからの曲がやっぱり一段と盛り上がってはいました。 少し残念だったのはMice ParadeのCaroline嬢が1曲だけゲストボーカルで参加していたんだけど、3人が同時で歌うパートではほとんど彼女の声は聴こえなかったのが...

途中、今回の震災の影響での来日中止とかの件にも触れて長いMCがあったけど、やっぱりこの時期にちゃんと来日を果たしてくれるバンドってのはすごく真摯な面を持ってるんだなと改めて感じました。 もちろん来日中止になったバンドだって、バンド自体は行きたいと言ってくれてるケースも多いのだろうけど。

2時間の長丁場は(サウンドも重めだったので)少し疲れましたが、ライブを心底楽しんでやってる(ように客サイドからも見える)バンドはやっぱりイイなぁと思いました。


SEO [PR] ギフト 音楽配信 コンサート情報 わけあり商品 無料レンタルサーバー