Nano-Mugen Fes09

ぷろろーぐ

いつもの友人と共に、初のNano-mugen参加。 Manicsのドタキャンにひっくり返りつつも、nada surfにBen Foldsにユニコーンにスピッツが見れるからいいじゃない。と、 自分を慰めつつ会場。チケットの色別順で入場していくのですが、入場待ちの列が非常にわかりづらい... 横浜アリーナには初めてきたが、程ほどのサイズ感なので3階席の一番後ろでも十分良く見える。でかいモニターもあるし。 ということで、ナノカレーとかいう単なるプレーンな(レトルト)カレーを食べて3階席一番後ろで今日を過ごすことを決める。

Farrah編

ボーカルとベースによるアコースティックセット。 ということで正直あまり期待してなかったんですが、今日のベストアクト級。 パワポバンドはえてして歌が...なバンドが多いですが、彼らはコーラス含めとても歌が上手く、 アコースティックセットでも十分に楽しめることができました。 新譜、まだ買ってないけど買おう。友人と共にちょっと興奮。

サカナクション編

事前に借りたCDを1度聴いた時には非常に失礼な物言いですが"出来損ないのスーパーカーみたいだな"ってのが第一印象。 でもライブで観ると全然違って。かなりデジタルなサウンドに振れてました。 元も子もない言い方ですが、僕の好みではない。という感じ。ボーカルが弱い感じがしたかなぁ。 でも、めちゃくちゃ人気があるみたいでフロアがすごいことになってたのにびっくり。 そんなメジャーなバンドだったのか...

Nada Surf編

新譜も非常に素晴らしく、大期待のNada Surf。 スリーピースながらかなりパワフルなサウンドで盛り上げておりましたが、ちょっとパワフル過ぎたかな... 初期の"ポストWeezer"なんて言われてた頃が想起されるようなサウンドでした。 "Weightless"とかはやっぱりライブで聴いても最高でした。

The Young Punx編

ダンスステージ。という謎の表記があったが、何のことはないさっきまでのステージの右隅を使うというだけでした。 1曲目の主催者の曲のカバーはイマイチかなーと思いましたが、サカナクションよりもより、ダンスミュージックへ傾倒したサウンドと、今回唯一の女性ボーカルが今日の出演陣では良いアクセントになってました。 スペシャルゲストにCount Bass Dも来てたな〜。あの1曲のためだけに来日したんかなぁ。 外タレでは一番フロアが埋まってた。なんで?ユニコーンの場所取りかNano-Mugenに参加するのが3回目だからか...

ユニコーン編

ガンバルおっさんどもは、新譜のオープニングナンバーでライブもスタート。 "服部""自転車泥棒""すばらしい日々""WAO""HELLO"などなど新旧くまなく聴けました。 さすがベテランでパフォーマンスも安定していた。でも新譜収録の"WAO"や"HELLO"が一番カッコいいと感じたのは、昔の曲は若干時代を感じさせるからなのかなぁ。 その世代を通ってこなかったものとしては。

Ben Folds編

フロアの閑散具合に少し寂しさを感じる。しかしそんな状況とは関係なくテンションの高いグッドパフォーマンスを見せてくれました。 なによりFive〜ソロを通じても1,2を争うくらい好きな曲"Underground"が聴けたのが良かった。 他にもFive時代の曲は"Philosophy"をやってましたね。 それでももっと色々聴きたかったなぁ。と。Manicsの分、ここに回してほしかったなぁ。という感じでした。 あと、バンドセットでなくてピアノソロでも良かったかもな。と。他バンドを含め全体的に言えることですが、ベースが結構ぶいぶい言っていたので。

スピッツ編

今日を逃したらもうまず見ないだろう。と。 自分の青春時代を彩ったバンドの一つ。 初めは草野氏の声が全然出てなくてオイオイ大丈夫か。と思ったけど、すぐに修正されました。 本人曰く"かなり久しぶりのライブ"だったそうなので、その影響かな。 "青い車""ロビンソン""夢追い虫""冷たい頬"など、自分が聴きたい曲はほとんどやらなかったけど、 "チェリー"や"スパイダー"、"8823"なんかは改めて聴いて、良い曲だな。と。 他の選曲は意外にアルバム曲とかが多かったですね。もっとフェス向けのベスト盤的選曲をするかと思いましたが。 でもすごく良い選曲だったと思います。"ガーベラ"なんかやるとは...

Manic Street Preachers編

ここでセットチェンジ間に、今回ニッキーの体調不良で出演キャンセルとなったマニックスの地元ウェールズでのライブ映像を流すことに。 曲は"Everything Must Go""Motorcycle Emptiness""A Design For Life"の3曲。 観ない方が良かったかもね。ますます今日観れなかったことが残念になってしまったから。 単独来たら行こうと友人と約束。その場合は平日でないことを祈る。

Hard-Fi編

ステージB。という謎の表記は、何のことはない、The Young Punxの時と逆側のステージを使うというだけでした。 自分たちのいた側からは非常に見づらい。 娘をお風呂に入れるという大義があったため、途中退室してしまいましたが、 正直今日の出演陣の中ではイマイチだったかな。と。 今日は歌の上手いバンドが多かっただけに...

総評

短パンとロン毛がスペシャルゲストとして発表された某都市型フェスよりも、 Nano-Mugenの方が都市型フェスのあるべき姿を示しているかもしれないな。というのが全体的な感想。 まぁ、正直フェスというよりは、少し規模の大きいライブ。という感は抜け切れておりませんが、 的を上手く絞った招集をしているし。無理に野外にすることもなく。チケットの値段もまぁ比較的良心的で。 あぁ、でもこのフェスって今年も去年(Stereophonics,Phantom Planetなど)も歌の上手いバンドがたくさん来るんで、 トリを務める主催者は大丈夫か!?といういらんお世話も頭を擡げました。基本的に歌の上手いバンドじゃないですもんね、アジカンは。 それとスタッフの数が全然足りてないな。ってのは感じたし、ダンスステージとかステージBの何の説明の無さも不親切かと。 Hard-Fiなんか全然観えなかったもの。 となんだかんだ文句がありつつも、今年の夏フェスは終始席に座ってゆったり観れて大成功でした。 ベストアクトは...アコースティックセットなのにFarrah。 最後にアジカンさん、観ないで帰ってゴメンなさい。(娘のお風呂という仕事がなければちゃんと観てから帰りました。いやホントに。)

SEO [PR] ギフト 音楽配信 コンサート情報 わけあり商品 無料レンタルサーバー