1st

Lack Of Communication (2001)

1stフル。 荒々しいサウンドのガレージロックバンドらしいサウンドの聴ける今作。この手のバンドにしてはVo.の歌い方などが丁寧なのは好感。 ただメロディがあまりキャッチーではなくポップ度も低いので個人的な好みからは外れたという感じです。 女性コーラスがキャッチーな4.、ダークなロカビリー風味の7.、緊張感ある空気感が◎の10.などが個人的には良かった。 ってことでオススメは、4.7.10.

1.Lack Of Communication
2.It Came From Japan
3.Shallow Grave
4.Going Down
5.Cass And Henry
6.Nite Train
7.No Sugar Mama
8.Cryin'
9.In The Act
10.Please Please man
11.Sound Of Terror
12.Rock'n'Roll Nurse
2nd

Pawn Shoppe Heart (2004)

★★

2nd。 前作と比べるとサウンドがかなり整い、ポップな面も少し強くなっており聴きやすくなった印象。 リードナンバー3.なんかはそんなキャッチーな面が出た好ナンバー。その他1.や10.ではブルースのテイストを取り入れてみたり、 2.では焦燥感のあるパンキッシュなナンバー、ヘビーロック色も感じる5.、オルタナテイストで疾走感のある7.など、器用に色々こなしてはいるのだけれど、彼らだけの絶対的な魅力という点ではもう一歩という感じでしょうか。 同時代に出てきたThe HivesThe White Stripesなどと比べるとちょっとパンチが弱いなぁという印象です。

1.No Regrets
2.Broken Man
3.C'mon C'mon
4.Tell Me What You See
5.Been Swank
6.Mairead
7.Not That Social
8.Crawl Through The Darkness
9.The Fever
10.Right Of Way
11.Poison Ivy
12.Pawn Shoppe Heart
2nd

Love Hate & Then Theres You (2009)

★★★★

3rd。 渋カッコ良いイントロで一気に引きこまれるオープニングナンバーから、前作から更に完成度を上げてきたなぁという印象。 前半は前作通りガレージロックを基調としたロックナンバーが詰まっておりますが、後半はポップ度の高い7.、女性Voが歌いあげるサビが印象的な8.、 とびきりキャッチーな10.や、泣きメロが◎の11.など、ポップな側面が出たナンバーが多く、1st期から感じられていたVo.の歌の良さがようやく活きてきたなぁという感じです。 オススメは、1.10.11.

1.This Is Our Perfect Crime
2.Shut Your Mouth
3.Pale Bride
4.Only To Haunt You
5.21st Birthday
6.She's Dead To Me
7.Chancer
8.Blame Game
9.I Don't Wanna
10.Accidents Will Happen
11.Earthquake
12.Modern Saints
SEO [PR] ギフト 音楽配信 コンサート情報 わけあり商品 無料レンタルサーバー