1st

Is This It (2001)

★★★★

1stアルバム。 ジャケットが発禁になり差替えになったことでも有名な1作。00年代のベストでもよく見かけたりしますね。 ヘロヘロでスコスコなサウンドは丸みがあって耳心地はとても良いです。 個人的にはもうちょっとメロディにキレがあってもいいかなーと思いますが、キャッチー過ぎないのが逆に世間(及びマスメディア)の評価を上げたのかもしれませんね。 シンプルだけどとびっきりポップンロールしている5.が印象的です。 オススメは、5.7.8.

1.Is This It
2.The Modern Age
3.Soma
4.Barely Legal
5.Someday
6.Alone, Together
7.Last Nite
8.Hard To Explain
9.New York City Cops
10.Trying Your Luck
11.Take It Or Leave It
2nd

Room On Fire (2003)

★★

2ndフル。 1st路線の延長線上という感じのサウンドで、基本的には決して悪くないのですが、1stよりもガツンとくる曲が少ないかなという印象。 また3.とかミディアムテンポの楽曲がちょっとメロディのパンチのなさも手伝って、個人的にはたるいです。 シングルナンバー4.はちょっと変わったギターサウンドが印象的で泣きのメロディが良いです。 オススメは、4.8.

1.What Ever Happened?
2.Reptilia
3.Automatic Stop
4.12:51
5.You Talk Way Too Much
6.Between Love & Hate
7.Meet Me In The Bathroom
8.Under Control
9.The Way It Is
10.The End Has No End
11.I Can't Win
3rd

First Impressions Of Earth (2006)

★★☆

3rdフル。 何かを溜め込むような暗く攻撃的なリフ&メロディからサビで一気に爆発するハードな先行シングルナンバー2.を先に聴いた人は驚いたんじゃないですかね。 前作までのローファイなサウンドは厚みを増し、ギターアレンジも4.なんかを筆頭にヘロヘロでないどやっ!な感じになってますね。 全体的に曲調も手広くなっており、個人的にこの方向性は決して嫌いじゃないですが、ちょっと曲ごとの好き嫌いの幅がでかいです。 オススメは、2.4.12.

1.You Only Live Once
2.Juicebox
3.Heart In A Cage
4.Razorblade
5.On The Other Side
6.Vision Of Division
7.Ask Me Anything
8.Electricityscape
9.Killing Lies
10.Fear Of Sleep
11.15 Minutes
12.Ize Of The World
13.Evening Sun
14.Red Light
4th

Angles (2011)

★★★

4thフル。 80'sポップ的なテイストが入ってたり、リードナンバー2.のようにポップな色合いが強くなってたり、各人のソロ活動等の影響が反映されてる面もあるのかな、と。 4.や7.のようなダークな曲調のものから3.のような外向きに開けた感じのする曲調のものまで、これまでの作品の中でも一番バラエティに富んだ内容になってるんじゃないでしょうか。 初期の信者というわけでもないですが、個人的には初期のほうが良いメロディは書いてたかなーと思います。曲の幅が広がるに連れてメロディの良さは減衰したように感じるかなぁ... オススメは、2.6.8.

1.Machu Picchu
2.Under Cover Of Darkness
3.Two Kinds Of Happiness
4.You're So Right
5.Taken For A Fool
6.Games
7.Call Me Back
8.Gratisfaction
9.Metabolism
10.Life Is Simple In The Moonlight

SEO [PR] ギフト 音楽配信 コンサート情報 わけあり商品 無料レンタルサーバー