1st

Word Gets Around

★★★★☆

1stフル。 へヴィになり過ぎない疾走感たっぷりのシンプルなギターロックサウンドです。 そんなシンプルなサウンドに花を添えるのが、1stにして既に魅力∞なKellyのハスキーな歌声ですね。5.のような名バラードや12.のようなアコースティックナンバーをがっつり聴かせる力を既に持っています。 3.のような軽快なポップナンバーもアクセントになってます。13.〜16.は日本盤ボーナストラックのライブ音源。ライブでもその歌唱力の高さが発揮されてます。 オススメは、1.5.9.

  • 1.Thousand Trees
  • 2.Looks Like Chaplin
  • 3.More Life In A Tramps Vest
  • 4.Local Boy In The Photograph
  • 5.Traffic
  • 6.Not Up To You
  • 7.Check My Eyelids For Holes
  • 8.Same Size Feet
  • 9.Last Of The Big Time Drinkers
  • 10.Goldfish Bowl
  • 11.Too Many Sandwiches
  • 12.Billy Davey's Daughter
  • 13.More Life In A Tramps Vest(Live)
  • 14.Thousand Trees(Live)
  • 15.Traffic(Live)
  • 16.Local Boy In The Photograph(Live)
2nd

Performance And Cocktails

★★★★

2ndフルアルバム。 疾走感がありポップなメロディが印象的な、彼らの代表曲でもある2.などが示すとおり、基本路線は変わってません。 が、作品全体としてはシンプルなそのサウンドに重厚さが増し、ミディアムテンポ〜スローテンポのナンバーが増えました。 Kellyの歌唱力がたっぷり楽しめる人気作。でも個人的にはもう少し前作のような軽さがあっても良いかな。とか言いつつもピアノバラード13.にはノックアウト。 オススメは、2.8.13.

  • 1.Roll Up And Shine
  • 2.Bartender And The Thief
  • 3.Hurry Up And Wait
  • 4.Pick A Part That's New
  • 5.Just Lookin'
  • 6.Half The Lies You Tell Ain't True
  • 7.I wouldn't Believe Your Radio
  • 8.T-Shirt Sun Tan
  • 9.Is Yesterday,Tomorrow,Today?
  • 10.A Minute Longer
  • 11.She Takes Her Clothes Off
  • 12.Plastic California
  • 13.I Stopped To Fill My Car Up
3rd

Just Enough Education To Perform

★★★★

3rd。 USロックへの傾倒を強く感じさせる重厚なサウンドを手に入れた分、疾走感は皆無と言っていいほどなくなり、ミディアム、スローテンポのナンバーが中心となりました。 Vo.Kellyの歌声をたっぷり堪能できる内容ですね。でも今作では変化球なポップ度の高い5.に二ヤリ。やっぱりもう少し軽さがあってもいいかなぁ。 オススメは、2.5.9.

  • 1.Vegas Two Times
  • 2.Lying In The Sun
  • 3.Mr.Writer
  • 4.Step On My Old Size Nines
  • 5.Have A Nice Day
  • 6.Nice To Be Out
  • 7.Watch Them Fly Sundays
  • 8.Everyday I Think Of Money
  • 9.Maybe
  • 10.Caravan Holiday
  • 11.Rooftop
4th

You Gotta Go There To Come Back

★★★★☆

4th。 7分近いオープニングナンバーこそ骨太な重厚感のあるナンバーですが、彼ららしいキャッチーでありながら渋みもある名バラード2.、 きらびやかな展開のサビが印象的な3.、ピアノがフィーチャーされているバラード9.、ハードロックナンバー12.などなど意外にバラエティに富んだ内容となっております。 ブルージーな渋い曲調は彼らには非常に合っておりますね。 オススメは、2.3.12.

  • 1.Help Me(She's Out Of Her Mind)
  • 2.Maybe Tomorrow
  • 3.Madame Helga
  • 4.You Stole My Money Honey
  • 5.Getaway
  • 6.Climbing The Wall
  • 7.Jealousy
  • 8.I'm Alright(You Gotta Go There To Come Back)
  • 9.Nothing Precious At All
  • 10.Rainbows And Pots Of Gold
  • 11.I Miss You Now
  • 12.High As The Ceiling
  • 13.Since I Told You It's Over
5th

Language.Sex.Violence.Other?

★★★☆

5th。 前作までの土臭いブルージーな内容から一転して、初期を思わせるようなギターロック色の強いサウンドに。 楽曲の内容は前作路線の1.、"Guerilla Radio(Rage Against The Machine)"風のリフがカッコ良い3.、初期のような疾走感を取り戻した名曲5.、 壮大さを感じさせる展開が印象的な6.など、バラエティ豊かなものとなっております。 ただし、今作では彼ら最大の魅力であるKellyの歌声に妙なエフェクトがかけてあるのが残念過ぎます。 オススメは、3.5.9.

  • 1.Superman
  • 2.Doorman
  • 3.Brother
  • 4.Devil
  • 5.Dakota
  • 6.Rewind
  • 7.Pedalpusher
  • 8.Girl
  • 9.Lolita
  • 10.Deadhead
  • 11.Feel
Live

Live From Dakota

★★★★☆

2枚組ライブアルバム。 歌の上手いバンドのライブはやっぱり良いですね。特にエフェクトのかかった歌声が"?"だった5thの楽曲は、その質の良さを改めて確認できました。 代表曲も大体網羅しているし、ベスト代わりにもいいんじゃないでしょうか。ベスト盤にはMadame Helgaとかはいってないし。 一時期僕の車のBGMはずっとこれでした。

  • Disc.1
  • 1.Superman
  • 2.Doorman
  • 3.A Thousand Trees
  • 4.Devil
  • 5.Mr.Writer
  • 6.Pedalpusher
  • 7.Deadhead
  • 8.Maybe Tomorrow
  • 9.The Bartender And The Thief
  • 10.Local Boy In The Photograph
  • Disc.2
  • 1.Hurry Up And Wait
  • 2.Madame Helga
  • 3.Vegas Two Times
  • 4.Carrot Cake And Wine
  • 5.I'm Alright(You Gotta Go There To Come Back)
  • 6.Jayne
  • 7.Too Many Sandwiches
  • 8.Traffic
  • 9.Just Looking
  • 10.Dakota
6th

Pull The Pin

★★★☆

6th。 ハードなナンバーから歌いあげるバラードナンバーまでバランス良く揃っており、良い言い方をすれば安定しているし、悪い言い方をすれば地味過ぎるかな。 Vo.Kellyがソロ活動を経たせいかどうかはわかりませんが、3.5.6.9.などのバラードナンバーが今作は光ってるな。という印象です。 逆にハードなナンバーは他作と比べるとあまり印象に残りませんでした。 オススメは、3.6.9.

  • 1.Soldiers Make Good Targets
  • 2.Pass The Buck
  • 3.It Means Nothing
  • 4.Bank Holiday Monday
  • 5.Daisy Lane
  • 6.Stone
  • 7.My Friends
  • 8.I Could Lose Ya
  • 9.Bright Red Star
  • 10.Lady Luck
  • 11.Crush
  • 12.Drowning
7th

Keep Calm And Carry On

★★★★

7th。 打ち込みアリのオープニングナンバーや、リードナンバー2.の爽やかなパワーポップ路線が指し示す通り、今作は全体的に非常に軽やかなサウンドに仕上がっております。 Gt&Voの新メンバー加入による重厚なギターサウンドにシフトするのかと思ってましたが、新メンバー効果はギターよりも綺麗なコーラスが活きる内容になってますね。特にアルバム前半は。 2nd以降、もうちょっと軽さがあっても...と思い続けていた自分にとっては、バチンとハマった一枚です。ちょっと極端な振れ具合ではありますが。 オススメは、2.5.8.

  • 1.She's Alright
  • 2.Innocent
  • 3.Beerbottle
  • 4.Trouble
  • 5.Could You Be The One
  • 6.I've Got Your Number
  • 7.Uppercut
  • 8.Live N' Love
  • 9.100MPH
  • 10.Wonder
  • 11.Stuck In A Rut
  • 12.Show Me How
  • 13.Innocent(Live)
  • 14.I Stop To Fill My Car Up(Live)
  • 15.You're My Star(Live)

-Member-
Kelly Jones(Vo,Gt)
Richard Jones(Ba)
Adam Zindani(Gt,Vo)
Javier Weyler(Dr)

-メモ-
ウェールズ発の4人組ロックバンド。81年結成。
結成時のメンバーはKelly、Richard、そしてドラムにStuart Cableの3人。03年にStuartは脱退し、Javierが05年加入。08年にAdamが加入し現在のラインナップとなった。
同郷のManic Street Preachers同様、英国では"国民的バンド"と称されるほど人気の高いバンド。

-オフィシャル関連-
OFFICIAL SITE
Myspace

-関連レビュー-
Kelly Jones
Manic Street Preachers
Rage Against The Machine

SEO [PR] ギフト 音楽配信 コンサート情報 わけあり商品 無料レンタルサーバー