1st

Smeared

★☆

1stフル。 サイケなイントロのオープニングナンバーで幕を開けるこの1stは、今の彼らの前評判を聞いてからだと、ちょっと面食らうかもしれません。 ポップなメロディセンスは垣間見えるものの、全体的にはノイジーなサウンドが印象的です。アルバム一枚としてはあまり聴きません。 オススメは、1.

  • 1.Underwhelmed
  • 2.Raspberry
  • 3.I Am The Cancer
  • 4.Median Strip
  • 5.Take It In
  • 6.500 Up
  • 7.Marcus Said
  • 8.Sugartune
  • 9.Left Of Centre
  • 10.Lemon Zinger
  • 11.Two Seater
  • 12.What's There To Decide?
2nd

Twice Removed

★★★★

2ndフルアルバム。 まずはコーラスワークが◎。前作でも数曲、その片鱗を見せていたコーラスワークがさらに向上。 ノイジーなサウンドは抑え気味になり、メロディが引き立ってます。 個人的にはまだ少し聴き難い曲もあるけれど、名盤に挙げる人も少なくないです。 オススメは、1.2.9.

  • 1.Penpals
  • 2.I Hate My Generation
  • 3.People Of The Sky
  • 4.Coax Me
  • 5.Bells On
  • 6.Loosens
  • 7.Worried Now
  • 8.Shame,Shame
  • 9.Deeper Than Beauty
  • 10.Snowsuit Sound
  • 11.Before I Do
  • 12.I Can Feel It
3rd

One Chord To Another

★★★★☆

4thと並んで最も人気の高い3rd。 前作よりもさらにサウンドは洗練され、激しくもPOPなパワーポップサウンドが完成。ホーンを導入した直球パワーポップナンバー7.は名曲。 コーラスワークも相変わらず抜群。曲によって個人的には好き嫌いがあった前作とは違い、隙の無い1枚です。 オススメは、5.7.9.

  • 1.The Good In Everyone
  • 2.Nothing Left To Make Me Want To Stay
  • 3.Autobiography
  • 4.Junior panthers
  • 5.G Turns To D
  • 6.A Side Wins
  • 7.Everything You've Done Wrong
  • 8.Anyone Who's Anyone
  • 9.The Lines You Amend
  • 10.Take The Bench
  • 11.Can't Face Up
  • 12.400 Metres
4th

Navy Blues

★★★★★

4th。 まず軽快でロケンローなリフが印象的なオープニングナンバーにテンションアップ。僕はこの曲でSloanを初めて知り、そして大好きになりました。 後期The Beatlesライクなメロディ・転調が楽しめる4.や10.、R&B・ソウルの下地を仄かに感じさせる5.他、多彩な1枚となっています。 ピアノの活躍がいつもより多いかな。格安中古でゴロゴロしてますので、気になる方はぜひぜひ。 オススメは、1.2.12.

  • 1.She Says What She Means
  • 2.C'mon C'mon(We're Gonna Get It Started)
  • 3.Iggy & Angus
  • 4.Sinking Ships
  • 5.Keep On Thinkin'
  • 6.Money City Maniacs
  • 7.Seems So Heavy
  • 8.Chester The Molester
  • 9.Stand By Me,Yeah
  • 10.Suppose They Close The Door
  • 11.On The Horizon
  • 12.I Wanna Thank You
  • 13.I'm Not Through With You Yet
Live

4 Nights At The Palais Royale

★★★★

地元カナダでのライブの模様を収録した2枚組ライブアルバム。 終始響く黄色い歓声が、彼らの本国での人気を表しております。 この時点までの曲で28曲も収録されてますので、代表曲は大体網羅されてあるという感じです。

  • Disc1
  • 1.She Says What She Means
  • 2.Good In Everyone
  • 3.Coax Me
  • 4.The Lines You Amend
  • 5.Marcus Said
  • 6.Seems So Heavy
  • 7.Sinking Ships
  • 8.Everything You've Done Wrong
  • 9.Keep On Thinkin'
  • 10.Snowsuit Sound
  • 11.Suppose They Close The Door
  • 12.Iggy & Angus
  • 13.Bells On
  • 14.Anyone Who's Anyone
  • Disc2
  • 1.People Of The Sky
  • 2.400 Metres
  • 3.On The Horizon
  • 4.I Wanna Thank You
  • 5.G Turns To D
  • 6.Penpals
  • 7.Money City Maniacs
  • 8.Deeper Than Beauty
  • 9.I Am The Cancer
  • 10.I Can Feel It
  • 11.Torn
  • 12.Nothing Left To Make Me Want To Stay
  • 13.Before I Do
  • 14.Underwhelmed
5th

Between The Bridges

★★★★☆

曲間に切れ目がない作りになっている5th。 サウンド面では4.のようなハードなロックナンバーはより骨太に、3.のようなソフトなナンバーはよりポップにシフトしていて、振り幅が大きくなった印象を受けます。 楽曲の振り幅は大きくなってもクオリティは一定して高く、オススメ3曲を選ぶのに苦心する内容です。 オススメは、3.6.8.

  • 1.The N.S.
  • 2.So Beyond Me
  • 3.Don't You Believe A Word
  • 4.Friendship
  • 5.Sensory Deprivation
  • 6.All By Ourselves
  • 7.Long Time Coming
  • 8.Waiting For Slow Songs
  • 9.Losing California
  • 10.Marquee And The Moon
  • 11.Take Good Care Of The Poor Boy
  • 12.Delivering Maybes
6th

Pretty Together

★★☆

6th。 オープニングナンバーこそいつものSloan節という感じのコーラスワークのカッコいいナンバーですが、 全体的にはロック色が強くなり、ポップな部分が減衰した印象を受けます。 哀愁漂う3.なんかも非常に良いんですが、アルバム全体としては少し中だるみがあるかな。 オススメは、1.3.11.

  • 1.If It Feels Good Do It
  • 2.In The Movies
  • 3.The Other Man
  • 4.Dreaming Of You
  • 5.Pick It Up And Dial It
  • 6.The Great Wall
  • 7.The Life Of A Working Girl
  • 8.Never Seeing The Ground For The Sky
  • 9.It's In Your Eyes
  • 10.Who You Talkin' To?
  • 11.I Love A Long Goodbye
  • 12.Are You Giving Me Back My Love?
  • 13.Your Dreams Have Come True
  • 14.Had Enough
  • 15.Helen
7th

Action Pact

★★★★☆

7th。 ロックテイストへの傾倒は残しつつも以前までのポップさが戻ってきており、メロディとコーラスワークがとても充実した良い内容になっています。 なおそんな◎な出来の今作ですが、これまでの作品で初めて日本盤が出ませんでした... オススメは、4.5.7.

  • 1.Gimme That
  • 2.Live On
  • 3.Backstabbin'
  • 4.The Rest Of My Life
  • 5.False Alarm
  • 6.Nothing Lasts Forever Anymore
  • 7.Hollow Head
  • 8.Ready For You
  • 9.I Was Wrong
  • 10.Who Loves Life More?
  • 11.Reach Out
  • 12.Fade Away
  • 13.Will You Ever Love Me Again?
  • 14.Step On It,Jean
BEST

A Sides Win: Singles 1992-2005

★★★★☆

名前の通りのシングル集。 基本的にシングルを集めただけの作品なので、特別コメントはありませんが、シングルをチェックする習慣のない管理人には、 "あれ?あの曲はシングルじゃなかったのか?"とか色々驚きもありました。 DVD付仕様の方には、収録曲全てのPV。断然そちらをオススメします。とりあえずの入門にも良いでしょう。

  • 1.Underwhelmed
  • 2.500 Up
  • 3.Coax Me
  • 4.People Of The Sky
  • 5.The Good In Everyone
  • 6.Everything You've Done Wrong
  • 7.The Lines You Amend
  • 8.Money City Maniacs
  • 9.She Says What She Means
  • 10.Losing California
  • 11.Friendship
  • 12.If It Feels Good Do It
  • 13.The Other Man
  • 14.The Rest Of My Life
  • 15.All Used Up
  • 16.Try To Make It
8th

Never Hear The End Of It

★★★★

8thアルバム。 ロックテイストの強い前作・前々作からすると、"原点回帰"と言ってもいいくらいソフトでポップな部分が良く出ています。 全30曲70分越えと管理人的には破滅的な長さですが、そこはソングライターを4人も抱える彼ら。 お得意変調ナンバー6.やお涙頂戴バラード22.、性急でパンキッシュな24.他、バラエティに富んだ楽曲で楽しませてくれます。 ただ、やっぱり70分越えは聴くのにも気合がいるかな。 オススメは、6.18.22.

  • 1.Flying High Again
  • 2.Who Taught You To Live Like That?
  • 3.I've Gotta Try
  • 4.Everybody Wants You
  • 5.Listen To The Radio
  • 6.Fading Into Obscurity
  • 7.I Can't Sleep
  • 8.Someone That I Can Be True With
  • 9.Right Or Wrong
  • 10.Something's Wrong
  • 11.Ana Lucia
  • 12.Before The End Of The Race
  • 13.Blackout
  • 14.I Understand
  • 15.You Know What It's About
  • 16.Golden Eyes
  • 17.Can't You Figure It Out?
  • 18.Set In Motion
  • 19.Love Is All Around
  • 20.Wil I Belong?
  • 21.Ill Placed Trust
  • 22.Live The Life You're Dreaming Of
  • 23.Living With The Masses
  • 24.HFXNSHC
  • 25.People Think They Know Me
  • 26.I Know You
  • 27.Last Time In Love
  • 28.It's Not The End Of The World
  • 29.Light Years
  • 30.Another Way I Could Do It
9th

Parallel Play

★★★★

9thフル。 またちょっとポップな部分が強調されてきており、パワーポップなナンバーが多く、3rdあたりの感触と近い印象を受けました。 大長編な前作と違い、40分程度に短く纏まっているのも良いですね。5thあたりからSloan離れしていた人にも聴いてほしい一枚。 日本盤こそ出てませんが、店頭での扱いは前作と全く違いました。 オススメは、2.6.8.

  • 1.Believe In Me
  • 2.Cheap Champagne
  • 3.All I Am Is All You're Not
  • 4.Emergency 911
  • 5.Burn For It
  • 6.Witch's Wand
  • 7.The Dogs
  • 8.Living The Dream
  • 9.The Other Side
  • 10.Down In The Basement
  • 11.If I Could Change Your Mind
  • 12.I'm Not A Kid Anymore
  • 13.Too Many

-Member-
Chris Murphy(Vo,Ba,Dr)
Andrew Scott(Vo,Dr,Gt,Key)
Patrick Pentland(Vo,Gt,Dr)
Jay Ferguson(Vo,Gt,Ba)

-メモ-
カナダはハリファックス発の4人組。91年結成。
サウンド自体ももちろんだが、メンバー全員が作曲できメインボーカルもとれることから、"カナダのThe Beatles"なんて形容をされたりする。加えて各メンバーが複数のパートをこなせ、ライブでは曲ごとに担当楽器をチェンジしていく。

-オフィシャル関連-
OFFICIAL SITE
Myspace

-関連レビュー-
The Beatles

SEO [PR] ギフト 音楽配信 コンサート情報 わけあり商品 無料レンタルサーバー