1st

Rooney

★★★★

1st。 Weezerが引き合いに出されることの多いノイジーなギターサウンドととにかくキャッチーなメロディが魅力。 オルタナなバックと爽やかなサビを持つオープニングナンバー、Weezer×初期Foo Fightersという感じの2.、郷愁感あるミディアムテンポナンバー3.、 ストレートなポップロック4.、軽快な直球パワポナンバー6.、哀愁溢れるメロディのロックナンバー7.、ちょっとサーフロックテイストを孕んだ8.など。 ちょっと前半のキャッチーなナンバーの連打からすると後半パワーダウンする感じが残念。 オススメは、1.6.7.

1.Blue Side
2.Stay Away
3.If It Were Up To Me
4.I'm A Terrible Person
5.Popstars
6.I'm Shakin'
7.Daisy Duke
8.Sorry Sorry
9.That Girl Has Love
10.Simply Because
11.Losing All Control
2nd

Calling The World

★★★★☆

2nd。 オープニングナンバーからジャケ通りのレトロなテイストのミディアムテンポなポップナンバーで、前作と違いサウンド全体が丸くなった印象。 ダンサブルな80'sPop風の2.、キーボードが効いててQueen風の派手なポップナンバー4.、少しアイドル風味な佇まいを感じさせるノリの良いポップナンバー5.、NW風テイストのメロディの6.、 ストレートなパワポナンバー7.、USロック的な骨太なテイストのある8.、優雅な印象のバラード9.、ストレートなパワポナンバー11.、ストリングスを導入したバラード12.などなど。 オススメは、3.7.11.

1.Calling The World
2.When Did Your Heart Go Missing?
3.I Should've Been After You
4.Tell Me Soon
5.Don't Come Around Again
6.Are You Afraid?
7.Love Me Or Leave Me
8.Paralyzed
9.What For
10.All In Your Head
11.Believe In Me
12.Help Me Find My Way
3rd

Eureka

★★★★

3rd。 カラッとしたサウンドのパワポナンバー1.や前作路線のオールディーズな空気を匂わすポップナンバー2.、ちょっと1st路線を感じさせる爽やかなナンバー5.などに対して ブラスの導入など派手な展開が印象的な6.、ジャズ風味のこじゃれたポップナンバーの8.、ヘビーロック調の11.など、これまでの路線を踏襲しつつも枝葉を伸ばしてきたなぁと感じます。 若干アルバム全体で展開にバラつきも感じられますが、あくまでメロディに重心を置いてるところは○です。 オススメは、1.8.12.

1.Holdin' On
2.I Can't Get Enough
3.Only Friend
4.Into The Blue
5.All Or Nothing
6.The Hunch
7.I Don't Wanna Lose You
8.Stars And Stripes
9.Go On
10.You're What I'm Looking For
11.Not In My House
12.Don't Look At Me

-Member-
Robert Carmine(Vo,Gt)
Taylor Loccke(Gt,Vo)
Louie Stephens(Key)
Ned Brower(Dr)

-メモ-
LA発のパワーポップバンド。1st時の平均年齢は19歳。
Vo.ロバートのお兄さんは元Phantom Planet、現Coconut Records、ハリウッド俳優としても活躍中のジェイソン・シュワルツマン。
2010年、Ba.Matthewが脱退。

-オフィシャル関連-

-関連レビュー-

SEO [PR] ギフト 音楽配信 コンサート情報 わけあり商品 無料レンタルサーバー