1st

Calender Days

★★★★★

1stフル。 晴れた清々しい朝に聴きたくなる清涼感たっぷりのサウンド。キラキラしたポップナンバーが満載です。 アップテンポな4.のようなナンバーからアコースティックバラードな6.のようなナンバーまで、頭からお尻までとにかくキャッチー。 随所で効いてるピアノが◎。時折見せるシャウト一歩手前の歌声も大好き。 オススメは、1.4.8.

  • 1.Cross My Heart
  • 2.Skies So Blue
  • 3.This Is Me
  • 4.Saturday
  • 5.She's My Baby
  • 6.That's So You
  • 7.Mean Thoughts And Cheap Shots
  • 8.Movie Stars And Super Models
  • 9.What We Hate,We Make
  • 10.TV Family
2nd

Hello,Good Friend

★★★★☆

2ndフル。 前作よりピアノの活躍やシャウト一歩手前の激しい歌い方が増えてたり。 若さあふれる瑞々しい部分は少し失われた(まだ若いんだけど)感じはあるけれど、とにかくストレートでキャッチーなメロディは相変わらず。 前作のような甘酸っぱい感じと、今作の少し激しくなった歌い方が上手く混ざった4.は個人的に彼の楽曲の中でも一番好き。 オススメは、4.9.12.

  • 1.Move To The Other Side Of The Block
  • 2.I Was So Alone
  • 3.Around The Clock
  • 4.I'm Doing Everything(For You)
  • 5.Tell Me Something Good
  • 6.Never Knew
  • 7.Brat Pack
  • 8.Treasures
  • 9.Story
  • 10.Goodbye Waves And Drives Away
  • 11.Show Me Everything You've Got
  • 12.Destiny
  • 13.Christmas Present
3rd

Do You Feel

★★★☆

3rdフル。 良くも悪くも大人になってしまった通称"エモ化"したサウンドに、はじめはいたくガッカリしました。 今作よりメジャーに移籍してのリリースということで、2.なんかはいかにもUSモダンロック仕様な感じがするナンバーだし、 ピアノの活きているどこか荘厳さを感じさせるような4.などはSomething Corporateなんかを思い起こさせます。 聴いてる内に、これはこれでまとまりのある良いアルバムかな、とも思いましたが、似たり寄ったりな楽曲が増えてしまったかなと思うのも事実。 オススメは、4.6.13.

  • 1.Break It Out
  • 2.So Much Love
  • 3.Do You Feel
  • 4.Save
  • 5.All I Have
  • 6.High Life Scenery
  • 7.A Song Is Not A Business Plan
  • 8.Taken Aback
  • 9.Colors
  • 10.Run To You
  • 11.Hold It Up
  • 12.Waiting
  • 13.So, In This Hour...
4th

Of Men & Angels

★★★☆

4thフル。 前作路線で更に完成度を増した今作。 やっぱりアルバム一枚として綺麗にまとまっているんですが、ちょっとパンチ力に欠けるかな。っていうのが正直な感想です。 全曲7,80点くらいで推移している。という感じ。 また15曲とボリューム感がある一方で、アップテンポなナンバーは不足しており、ちょっと一枚通して聴くとだれちゃうかな。 オススメは、3.5.6.

  • 1.Roses
  • 2.You Gotta Believe
  • 3.Hills And Valleys
  • 4.I Want Something To Live For
  • 5.Walls
  • 6.Pull Myself Together(Don't Hate Me)
  • 7.Of Men & Angels
  • 8.I Need A Break-But I'd Rather Have A Breakthrough
  • 9.Nothing Matters
  • 10.Japanese Exchange Student
  • 11.Tara,I'm Terrible
  • 12.Hey!
  • 13.Let You Go
  • 14.This Is A Refuge
  • 15.Light

-Member-
Bryce Avary(Vo,Gt,Ba,Dr,Key)

-メモ-
米国テキサス発のシンガーソングライターBryce Avaryによるソロプロジェクト。
基本的に全楽器一人で演奏をこなせる。

-オフィシャル関連-
OFFICIAL SITE
Myspace

-関連レビュー-
Something Corporate

SEO [PR] ギフト 音楽配信 コンサート情報 わけあり商品 無料レンタルサーバー