1st

Showbiz

★★★★

1stフル。 この頃はRadioheadと比較されていた彼ら。耽美的なサウンドやファルセットボイスなど確かに共通する部分はあれど、3ピースの奏でる音楽とは思えないような重厚感など、彼ら独自の個性は既に発揮されております。 また良くも悪くも彼らの方が大衆的で、わかりやすいアレンジだと感じますね。 曲ごとの静と動もはっきりしていて、後半少し静に振れてるナンバーが多いのが気になるかな。 オススメは、3.4.9.

  • 1.Sunburn
  • 2.Muscle Museum
  • 3.Fillip
  • 4.Falling Down
  • 5.Cave
  • 6.Showbiz
  • 7.Unintended
  • 8.Uno
  • 9.Sober
  • 10.Spiral Static
  • 11.Escape
  • 12.Overdue
  • 13.Hate This And I'll Love You
2nd

Origin Of Symmetry

★★★★☆

2ndフル。 ギター・ベースの歪みは増し、ピアノやシンセの使い方もかなり大胆になりました。 大仰さは時に感動を押しつけられるような不快感を感じますが、彼らの徹底ぶりにはそんな杞憂は不要。ロックオペラとも言うべき様式美を築き上げております。 前作同様、後半静の曲が多めなのが若干気になるかな。 オススメは、1.4.5.

  • 1.New Born
  • 2.Bliss
  • 3.Space Dementia
  • 4.Hyper Music
  • 5.Plug In Baby
  • 6.Citizen Erased
  • 7.Micro Cuts
  • 8.Screenager
  • 9.Darkshines
  • 10.Feeling Good
  • 11.Megalomaniac
EP

Hyper Music

★★☆

シングル3枚をセットにした日本企画盤。 スタジオ音源はDisc1の4.とDisc3の3.を除くと、全てこの後リリースされるB面集"Hullabaloo"に収録されております。 未収録中Disc1の4.はThe Smithsのカバーで、彼ららしく仕上がっており好印象。Disc3の3.はピアノインストで特段語ることはなし。 ライブ音源の方は別テイクとはいえ"Hullabaloo"及び"H.A.A.R.P"にHyper Musicを除いて収録されるため、1,2曲のために3000円も払うと思うと...

  • Disc1
  • 1.Hyper Music(Live)
  • 2.Shine
  • 3.Feeling Good(Live)
  • 4.Please Please Please Let Me Get What I Want
  • Disc2
  • 1.Bliss
  • 2.The Gallery
  • 3.Screenager(Live)
  • 4.Hyper Chondriac Music
  • Disc3
  • 1.New Born(Live)
  • 2.Shrinking Universe
  • 3.Piano Thing
  • 4.Map Of Your Head
  • 5.Plug In Baby(Live)
Bside&Live

Hullabaloo

★★★

B面集+ライブ盤。 Disc1のB面集は、いつものMuse節な2.や轟音でないギターの響きが印象的な5.などが個人的には○ですが、 ハードロック色の強い4.や8.他、イマイチな楽曲も多くちょっと不満の残る内容。 一方のDisc2のライブ盤は、まずそのサウンドの重厚感とマシューの激情的なファルセットボイスに圧倒されます。 後のライブ盤には収録されない初期ならではの選曲もあるので、ライブ盤のために買っても損はないかな。

  • Disc1
  • 1.Forced In
  • 2.Shrinking Universe
  • 3.Recess
  • 4.Yes Please
  • 5.Map Of Your Head
  • 6.Nature_1
  • 7.Shine Acoustic
  • 8.Ashamed
  • 9.Gallery
  • 10.Hyper Chondriac Music
  • Disc2
  • 1.Dead Star
  • 2.Micro Cuts
  • 3.Citizen Erased
  • 4.Showbiz
  • 5.Megalomania
  • 6.Dark Shines
  • 7.Screenager
  • 8.Space Dementia
  • 9.In Your World
  • 10.Muscle Museum
  • 11.Agitated
EP

Dead Star/In Your World

★★☆

EP。 タイトル曲2曲に日本でも"君の瞳に恋してる"でお馴染みの3.が収録。 正直言って3.のカバーは、これまでの彼らのカバー曲("Feeling Good","Please Please Please Let Me Get What I Want")に比べてもイマイチ。 彼ら色に染めようという意気込みは見えますが、そもそもの選曲ミスかなぁ。という印象は受けました。 と言うことでタイトル曲のスタジオ音源バージョンを聴きたい!or何はともあれカバー大好き!じゃなければ個人的にはオススメしません。

  • 1.Dead Star
  • 2.In Your World
  • 3.Can't Take My Eyes Off Of You
3rd

Absolution

★★★★★

3rdフル。 1stの耽美的な部分と2ndの攻撃性を上手く融合してバランスを取ってきたという印象。 賛否わかれる部分ですが、メロディもキャッチーさが強くなって聴きやすくなってきております。 彼らは異質なサウンドを持ちながらも、大衆迎合的な部分を求める向きは常に持っていたと思うので個人的にはOKです。 アップテンポな13.などがアクセントにもなり、後半失速傾向にあったアルバム一枚通じてのバランスも良くなったかな。 オススメは、3.5.10.

  • 1.Intro
  • 2.Apocalypse Please
  • 3.Time Is Running Out
  • 4.Sing For Absolution
  • 5.Stockholm Syndrome
  • 6.Falling Away With You
  • 7.Interlude
  • 8.Hysteria
  • 9.Blackout
  • 10.The Butterflies And Hurricanes
  • 11.The Small Print
  • 12.Endlessly
  • 13.Thoughts Of A Dying Atheist
  • 14.Ruled By Secrecy
4th

Black Holes & Revelations

★★☆

4th。 今作はピアノよりもシンセの音色を多用しておりますね。 リードナンバーの3.にも少し表れています(アルバムの中ではましな方です)が、"大仰"というレベルを通り越すほど大仰なサウンドとメロディが特徴だった彼らにしては全体的に演出が抑え目で、唯一無二の個性が存分に発揮されているとは言い難いかなと感じます。 ちょっとこじんまりとまとめ過ぎたような。特にギターロック調の8.やラテン調のギターを取り入れている9.、歌劇調の10.の後半のナンバーにはそれが顕著かなという印象。 オススメは、2.4.6.

  • 1.Take A Bow
  • 2.Starlight
  • 3.Super Massive Black Hole
  • 4.Map Of The Problematique
  • 5.Soldier's Poem
  • 6.Invincible
  • 7.Assassin
  • 8.Exo-Politics
  • 9.City Of Delusion
  • 10.Hoodoo
  • 11.Knights Of Cydonia
Live

H.A.A.R.P.

★★★★

ライブアルバム。15万人動員のウェンブリー・スタジアムでのライブを2日間分収録(CD=1日目、DVD=2日目)。 選曲は3rdと4thが中心。4thの曲はスタジオアルバムで聴くよりかは迫力があり良かったのですが、それでも2ndや3rdの曲と比べるとインパクト不足な感じがあるのが少々残念。 DVDの編集は綺麗すぎるかなぁ。とも思いますが、15万人 VS 3人の大迫力は十二分に伝わってくる内容になってます。

  • CD
  • 1.Intro
  • 2.Knights Of Cydonia
  • 3.Hysteria
  • 4.Supermassive Black Hole
  • 5.Map Of The Problematique
  • 6.The Butterflies & Hurricanes
  • 7.Invincible
  • 8.Starlight
  • 9.Time Is Running Out
  • 10.New Born
  • 11.Unintended
  • 12.Micro Cuts
  • 13.Stockholm Syndrome
  • 14.Take A Bow
  • DVD
  • 1.Intro
  • 2.Knights Of Cydonia
  • 3.Hysteria
  • 4.Supermassive Black Hole
  • 5.Map Of The Problematique
  • 6.The Butterflies & Hurricanes
  • 7.Hoodoo
  • 8.Apocalypse Please
  • 9.Feeling Good
  • 10.Invincible
  • 11.Starlight
  • 12.Improvisation
  • 13.Time Is Running Out
  • 14.New Born
  • 15.Soldier's Poem
  • 16.Unintended
  • 17.Blackout
  • 18.Plug In Baby
  • 19.Stockholm Syndrome
  • 20.Take A Bow
5th

The Resistance

★★★☆

5th。 楽曲自体には苦笑しちゃうくらい大仰(やり過ぎ)なMuseが少しは戻ってきた。そんな印象ですね。Queen風4.は別の意味でやり過ぎで、危ないですが。 またMuse流ダンスナンバー1.を筆頭に、全体的にポップな要素がかなり強くなりました。聴きやすい。 反面前作同様、"3ピースでこんなサウンドを作るの?"という感動がないのは、作られた感・こなれた感の強い出来の良いサウンドメイクのせいでしょうか。 打ち込みを使ってたりってのもあるかな。6.なんかは2nd期の匂いを感じさせるナンバーなんですが、"ライブで聴いてもつまんなそう"という印象を受けてしまうのが残念。 オススメは、2.5.6.

  • 1.Uprising
  • 2.Resistance
  • 3.Undisclosed Desires
  • 4.United States Of Eurasia/Collateral Damage
  • 5.Guiding Light
  • 6.Unnatural Selection
  • 7.Mk Ultra
  • 8.I Belong To You/Mon Coeur S'ouvre A Ta Voix
  • 9.Exogenesis : Symphony Part1(Overture)
  • 10.Exogenesis : Symphony Part2(Cross Pollination)
  • 11.Exogenesis : Symphony Part3(Redemption)

-Member-
Matthew Bellamy(Vo,Gt,Key)
Christopher Wolstenholme(Ba)
Dominic Howard(Dr)

-メモ-
英国はデヴォン発。93年結成。
デビュー当初は単なるRadioheadのフォロワー的な扱いだったものの、アルバムのリリースを重ねる毎に評価は高まり、英国のみでなく米国でもゴールドディスクを獲るなどの成功を収めている。
もちろんここ日本での人気も高く、単独・サマソニ・フジロックなどで度々来日を果たしている。
個人的な感想だが管理人的にも彼らのライブ(04年・渋谷AX)は印象に残っているライブBEST5に入る。(2009年現在)

-オフィシャル関連-
OFFICIAL SITE
Myspace

-関連レビュー-
QUEEN
Radiohead
The Smiths

SEO [PR] ギフト 音楽配信 コンサート情報 わけあり商品 無料レンタルサーバー