1st

Generation Terrorists

★★☆

1stフル。 その手の音楽には疎い管理人が聴いても"あっ、ガンズっぽい"と思う瞬間が度々来るくらい、ハードロックの要素を強く含んでいます。 他にも女性コーラスとのデュエットナンバー7.や、Public Enemyが参加しているというHip-Hop色の強いナンバー8.など、バラエティに富んでます。 加えて当初"2枚組で30曲"と宣言していたボリュームからはかなりスリムなものになっているが、それでも少し食傷気味になるかな。音質もあまり良くない。 しかし後の彼らにも繋がる、どこか清々しいメロディラインはこの頃から十分発揮されていると感じます。 オススメは、3.4.7.

1.Slash'n'Burn
2.Nat West-Barclays-Midland-Lloyds
3.Born To End
4.Motorcycle Emptiness
5.You Love Us
6.Love's Sweet Exile
7.Little Baby Nothing
8.Repeat(Star And Stripes)
9.Tennessee
10.Another Invented Disease
11.Stay Beautiful
12.So Dead
13.Repeat
14.Spectators Of Suicide
15.Damn Dog
16.Crucifix Kiss
17.Methadone Pretty
18.Condemned To Rock'n'Roll
2nd

Gold Against The Soul

★★★★

2ndフル。 前作同様ハードロック路線ではあるが、全体的にはよりキャッチーな内容となっており、リッチー失踪後の彼らのスタイルが垣間見える気がします(この作品以降の彼らのことを知っているから言えることではありますが)。 加えて、前作よりコンパクトに納まっている、統一感がある、など1stよりも個人的には◎。ただし、解散宣言等の諸々の事件のため、作品内容と関係ない部分で過小評価されている節があります。 日本盤ボーナスディスクは、来日ライブの模様を収録。遠〜くで鳴っているような音質で、黄色い声援が目立ちます。 オススメは、2.5.6.

Disc1
1.Sleepflower
2.From Despair To Where
3.Tritesse Durera
4.Yourself
5.Life Becoming A Landslide

Disc2
1.Slash'n'Burn(Live)
2.Crucifix Kiss(Live)
3.Motown Junk(Live)

6.Drug Drug Druggy
7.Roses In The Hospital
8.Nostalgic Pushead
9.Symphony Of Tourette
10.Gold Against The Soul


4.Tennessee(Live)
5.You Love Us(Live)
3rd

THE HOLY BIBLE

★☆

3rdフル。 前作までとは打って変わって暗い、無機質で攻撃的なサウンドとなりました。 このアルバムを最後にリッチーが失踪してしまったこともあり、彼らのターニングポイント的な作品とも言えますが、 このJoy Division的なサウンドスタイルが管理人の好みには合わず、あまり好きではありません。 日本での人気もかなり高い一枚ですが、Manicsの長い歴史の中でもサウンド的には異質な一枚かと思います。 オススメは、1.13.

1.YES
2.Ifwhiteamericantoldthetruthforonedayit'sworldwouldfallapart
3.Of Walking Abortion
4.She Is Suffering
5.Archives Of Pain
6.Revol
7.4st 7Lb
8.Mausoleum
9.Faster
10.This Is Yesterday
11.Die In The Summertime
12.The Intense Humming Of Evil
13.P.C.P.
14.Drug Drug Druggy(Live)
15.Roses In The Hospital(Live)
16.You Love Us(Live)
4th

Everything Must Go

★★★★

4thフル。 攻撃的なギターサウンドなどは鳴りを潜め、マイルドな耳障りの良いサウンドへ。ストリングスやキーボードを導入し、大胆な方向転換がなされました。 結果、1stから発揮されていた彼らの素晴らしいメロディセンスが、より活きる内容になったと感じます。 彼らが国民的バンドと呼ばれる第一歩となった作品。 オススメは、2.5.10.

1.Elvis Impersonator :Blackpool Pier
2.A Design For Life
3.Kevin Carter
4.Enola / Alone
5.Everything Must Go
6.Small Black Flowers That Grow In The Sky
7.The Girl Who Wanted To Be God
8.No-One Knows What It's Like To Be Me
9.Removables
10.Australia
11.Interiors
12.Black Garden
13.Further Away
14.No Surface All Feeling
5th

This Is My Truth Tell Me Yours

★★★★

5thフル。 前作の方向転換を更に突き詰め、"作り込み感"のとても強い作品。そして"美しいメロディを放つバンド"という彼らに対するイメージを決定づけた作品。 その一方で、前作では欠片くらい残っていた初期のハードロックな要素は完全になくなり、ポップさも少し薄らいだ印象はあります。 そのためボリュームもサウンドもちょっと重くなり過ぎたかなぁという印象があるのが残念。 オススメは、3.5.12.

1.The Everlasting
2.If You Tolerate This Your Children Will Be Next
3.You Stole The Sun From My Heart
4.Ready For Drowing
5.Tsunami
6.My Little Empire
7.I'm Not Working
8.You're Tender And You're Tired
9.Born A Girl
10.Be Natural
11.Black Dog On My Shoulder
12.Nobody Loved You
13.S.Y.M.M.
14.Socialist Serenade
15.Black Holes For The Young
6th

Know Your Enemy

★★☆

6thフル。 前作とはまたコロッと変化しており、歪んだギターサウンドが戻ってきた今作。 といっても、単純に原点回帰ということではなく、爽やかポップナンバー4.やディスコ調ポップナンバー8.などバラエティに富んだ内容となっています。 とっ散らかり感はそれほどないけれども、好みによって曲ごとの評価は結構わかれるんじゃないでしょうか。 オススメは、4.5.9.

1.Found That Soul
2.Ocean Spray
3.Intravenous Agnostic
4.So Why So Sad
5.Let Robeson Sing
6.The Year Of Purification
7.Wattsville Blues
8.Miss Europa Disco Dancer
9.Dead Martyrs
10.His Last Painting
11.My Guernica
12.The Convalescent
13.Royal Correspondent
14.Epicentre
15.Baby Elian
16.Freedom Of Speech Won't Feed My Children
7th

Lifeblood

★★★☆

7thフル。 またまたガラッと路線を変え、大胆に打ち込みを多様したニューウェイブ風ポップアルバムとなった今作。 ポップ度が上がった分、歌にも力が入っている印象があり、個人的には◎。 彼らの作品の中でも最もワゴンセール行きになっているのを見かけますが、僕は比較的好きなアルバムです。 オススメは、1.3.5.

1.1985
2.The Love Of Richard Nixon
3.Empty Souls
4.A Song For Departure
5.A Live To Fall Asleep
6.To Repel Ghost
7.Emily
8.Glasnost
9.Always/Never
10.Solitude Sometimes Is
11.Fragments
12.Cardiff Afterlife
8th

Send Away The Tigers

★★★★☆

8thフル。 スウェディッシュポップの雄CardigansのVo.Ninaとのデュエットナンバー3.が示す通り、メロディに重きを置いたポップなロックナンバーが詰まった今作。 正攻法なサウンドは、今作までの度重なるサウンドチェンジが何だったのかと思わせるほど、彼らのメロディセンスを引き立てており好印象。 個人的にはこの作品がManicsのベストです。 オススメは、2.3.9.

1.Send Away The Tigers
2.Underdogs
3.Your Love Alone Is Not Enough
4.Indian Summer
5.Second Great Depression
6.Rendition
7.Autumnsong
8.I'm Just A Patsy
9.Imperial Bodybags
10.Winterlovers/Working Clas Hero
9th

Journal For Plague Lovers

★★★☆

9thフル。 "The Holy Bibleの延長線上"。というのが今作リリース前の触れ込みでしたが、個人的な感想としては歌詞はともかくサウンドは違うな。と。 前作のポップな部分を少し残しつつ、1stや2nd期のサウンドにも歩み寄ったかな。という印象です。 特別なインパクトは残りませんが、この作品が嫌い。という人は少ないんじゃないでしょうか。 オススメは、2.5.6.

1.Peeled Apples
2.Jackie Collins Existential Question Time
3.Me And Stephen Hawking
4.This Joke Sport Severed
5.Journal For Plague Lovers
6.She Bathed Herself In A Bath Of Bleach
7.Facing Page: Top Left
8.Marlon J.D.
9.Doors Closing Slowly
10.All Is Vanity
11.Pretension/Repulsion
12.Virginia State Epileptic Colony
13.William's Last Words
10th

Postcards From A Young Man

★★★★

10thフル。 オープニングからストリングスをふんだんに導入した楽曲が続き、ドラマティックな印象が強いですが、8thの頃のようなポップさも失われておらず、一聴くどいようで聴きやすい絶妙なバランスになってるかなと。 後半はよりバンド色、ギターサウンドの強いナンバーが揃っておりますが、カウベル(?)といなたいブラスの鳴り響くNickyボーカル曲の11.が個人的には蛇足だったかな... しかし全体的にはその壮大なサウンドに反してコンパクトに纏まっているし、全編に渡ってJamesの濃厚な歌声が楽しめる良盤だと思います。 オススメは、2.3.10.

1.(It's Not War)Just The End Of Love
2.Postcards From A Young Man
3.Some Kind Of Nothingness
4.The Descent(Pages 1&2)
5.Hazelton Avenue
6.Auto-Intoxication
7.Golden Platitudes
8.I Think I Found It
9.A Billion Balconies Facing The Sun
10.All We Make Is Entertainment
11.The Future Has Been Here 4Ever
12.Don't Be Evil
SEO [PR] ギフト 音楽配信 コンサート情報 わけあり商品 無料レンタルサーバー