このアーティストの詳細・オフィシャルサイトなどはコチラを参照。



1st

The Magic Numbers

★★★★★

1stフル。 男女コーラスの織り成す美しいハーモニーが魅力のギターポップサウンド。 ピアニカの使い方が◎で郷愁感を盛り上げるオープニングナンバー、男女Vo.のハーモニーが炸裂する2.、軽やかなリードギターが印象的なポップナンバー4.、 ロッキン&パワポなテイスト含むポップナンバー5.、音数の少なさが美メロを引き立てる7.、囁くような歌声にストリングスの美しい音色が印象的な9.、作中最もキャッチーでドリーミーな11.などなど。 オススメは、2.5.11.

1.Mornings Eleven
2.Forever Lost
3.The Mule
4.Long Legs
5.Love Me Like You
6.Which Way To Happy
7.I See You,You See Me
8.Don't Give Up The Fight
9.This Love
10.Wheels On Fire
11.Love's A Game
12.Try
13.Hymn For Her
2nd

Those The Broken

★★★★☆

2nd。 テンポ速めのギターポップなオープニングナンバーと3.、前作の"Love's A Game"路線のドリーミーでキャッチーなバラード5.、女性Vo.が歌いあげるロマンチックなメロディのポップバラード6.など、前作より全体的に少しポップで甘い印象です。 イントロの歪んだギターに驚くロック路線の11.や田舎の憧憬が浮かばずにはいられないフォークナンバー13.、日本盤ボーナストラックながらアウトロにピッタリのさっぱりした小品ポップナンバー14.など、前作には見られなかった面もちらほら。 ちょっと中盤にダークな印象の曲だったりゆるいテンポの曲が多いので、個人的に全体のバランス的には前作の方が好みかな。 オススメは、3.5.13.

1.This Is A Song
2.You Never Had It
3.Take A Chance
4.Carl's Song
5.Boy
6.Undecided
7.Slow Down(The Way It Goes)
8.Most Of The Time
9.Take Me Or Leave Me
10.Let Somebody In
11.Runnin' Out
12.All I See
13.Goodnight
14.Keep It In The Pocket
2nd

The Runaway

★★★★☆

3rd。 前作までと比べるとキャッチーなメロディは抑え目ですが、美メロには磨きがかかっており、男女Vo.を最大限まで活かそうというような心意気を感じさせるアレンジに。 アンビエントな空気感も強く、新たにストリングス等のアレンジに定評のあるValgeir Sigurdssonがプロデューサーに就いたことも影響しているのでしょう。 喪失感を感じさせるような切ないメロディの1.、浮遊感のあるコーラスが印象的な2.、ダンサブルなビート感のあるポップナンバー3.、軽快なリズム隊が印象的な5.、女性Vo.メインの6.、 温もりのあるメロディが◎の8.、今作中最もキャッチーで力強さも感じる9.、おしゃれポップ風味でストリングスの効いてる10.、美メロハーモニー全開の11.などなど。 US盤2枚組は4曲のライブバージョン収録。ライブでも美しいハーモニーが秀逸。 オススメは、3.6.11.

Disc.1
1.The Pulse
2.Hurt So Good
3.Why Did You Call?
4.Once I Had
5.A Start With No Ending
6.Throwing My Heart Away
7.Restless River
8.Only Seventeen
9.Sound Of Something
10.The Song That No One Knows
11.Dreams Of A Revelation
12.I'm Sorry
Disc.2
1.Hurt So Good(Live)
2.Why Did You Call?(Live)
3.Restless river(Live)
4.Dreams Of A Revelation(Live)
SEO [PR] ギフト 音楽配信 コンサート情報 わけあり商品 無料レンタルサーバー