1st

Waterloo To Anywhere

★★★☆

元The Libertines+元The Cooper Temple Clauseな4人組の1stフル。 ストレートなロックアルバムという印象の今作。例のBaby Shamblesとも当然比較されることの多いバンドだが、彼らの方がサウンド的にはLibertinesに近いかな。 Libertines時代よりはもうちょっと整備された感じですが。ちょっと全体的に一直線すぎるかな、という感はありますがシングルナンバーの3.はものすごくカッコいい。 オススメは、3.6.9.

  • 1.Deadwood
  • 2.Doctors & Dealers
  • 3.Bang Bang You're Dead
  • 4.Blood Thirsty Bastards
  • 5.The Gentry Cove
  • 6.Gin & Milk
  • 7.The Enemy
  • 8.If You Love A Woman
  • 9.You Fucking Love It
  • 10.Wondering
  • 11.Last Of The Small Town Playboys
  • 12.B.U.R.M.A.
  • 13.Gin & Milk(Acoustic Version)
  • 14.Wondering(Tavern Version)
2nd

Romance At Short Notice

★★★★

2nd。前作のような突っ走り感はなく、非常にメロディを重視した印象のある1枚。 序盤の曲はあまり好きでないんだけど、4.あたりからの中盤の楽曲はカールのメロディセンスが爆発しており◎。 全体的にアコースティックナンバーも増えて、飽きが早かった前作よりも幅も出た。逆に前作のような、あるいはLibertinesの影を追っている人にはイマイチかもしれません。 僕はLibertinesは別に特別好きではなかったので。 オススメは、5.6.8.

  • 1.Buzzards & Crows
  • 2.Hippy's Son
  • 3.Plastic Hearts
  • 4.Tired Of England
  • 5.Come Closer
  • 6.Faultlines
  • 7.Kicks Or Consumption
  • 8.Best Face
  • 9.Truth Begins
  • 10.Chinese Dogs
  • 11.The North
  • 12.Blood On My Shoes
  • 13.Holly Golightly
  • 14.Run Fat Boy Run
  • 15.The Weekenders
Member Photo

関連レビュー

SEO [PR] ギフト 音楽配信 コンサート情報 わけあり商品 無料レンタルサーバー