1st

CLAP YOUR HANDS SAY YEAH!

★★★★

1stフル。 へロッヘロなボーカルとスッカスカなバックに最初は戸惑うかも知れませんが、5.あたりからはポップ度の高いナンバーが多く、 いつの間にかその世界にとっぷり嵌っています。 特にポップさとアンビエントな感覚が絶妙に両立している10.が◎。 オススメは、6.8.10.

  • 1.Clap Your Hands!
  • 2.Let The Cool Goddess Rust Away
  • 3.Over And Over Again(Lost And Found)
  • 4.Sunshine And Clouds(And Everything Proud)
  • 5.Details Of The War
  • 6.Skin Of My Yellow Country Teeth
  • 7.Is This Love?
  • 8.Heavy Metal
  • 9.Blue Turning Gray
  • 10.In This Home Of Ice
  • 11.Gimmie Some Salt
  • 12.Upon This Tidal Wave Of Young Blood
2nd

Some Loud Thunder

2ndフル。 1stと同じ時期に作られた楽曲で占められているそうですが、スピーカーがイカれたかと思うような歪んだサウンドを繰り出すオープニングナンバーの示すとおり、前作とはかなり趣の違う作品。 根底にポップさがあるのはわかるけれど、個人的には今作ではそれが埋もれているように聴こえてしまいました。 次作への可能性は感じるも、僕の懐の深さではあまり好きになれませんでした。 オススメは、

  • 1.Some Loud Thunder
  • 2.Emily Jean Stock
  • 3.Mama,Won't You Keep Them Castles In The Air And Burning?
  • 4.Lovesong No.7
  • 5.Satan Said Dance
  • 6.Upon Encountering the Crippled Elephant
  • 7.Goodbye to Mother and the Cove
  • 8.Arm and Hammer
  • 9.Yankee Go Home
  • 10.Underwater (You and Me)
  • 11.Five Easy Pieces

-Member-
Alec Ounsworth(Vo,Gt)
Lee Sargent(Gt,Key,Vo)
Robbie Guertin(Gt,Key,Vo)
Tyler Sargent(Ba,Vo)
Sean Greenhalgh(Dr)

-メモ-
米国はブルックリン発の5人組
1stが自主制作盤ながら、口コミで大ヒット。日本でも07年のFuji Rock Festivalにおいて、Red Marqueeでトリに抜擢されるなど評価も高い。

-オフィシャル関連-
OFFICIAL SITE
Myspace

-関連レビュー-

SEO [PR] ギフト 音楽配信 コンサート情報 わけあり商品 無料レンタルサーバー