1st

Misguided Promise:Carnival Season Complete 84-89 (2010)

★★★★☆

ディスコグラフィ盤。 UKのバンドらしい湿り気のあるメロディラインが全体的には印象的ですね。一方でCheap TrickR.E.M.なんかを想起させるようなUS的なサウンドも併せ持ったバンドです。 パワポやギタポ界隈で語られることの多い彼らですが、1.や9.など疾走系のナンバーはホントにカッコ良く、UKメロディックなどが好きな人もイケルのではないでしょうか。 その他、The Smithsを彷彿とさせるような繊細なメロディの3.やハードなギターワークの5.、アグレッシブなギターソロの11.、パワーポップパンクナンバー13.などが印象的。 オススメは、1.9.13.

1.Waiting For No One
2.Seems Alright
3.Talk About Why
4.Black Velvet Elvis
5.Cyrinda
6.Welcome Mr.Greenhead
7.Please Don't Send Me To Heaven(Hit And Run Mix)
8.All Night
9.Misguided Promise
10.Obsessive Season
11.Potential Crime
12.Won't Get Heard
13.Camp 909
14.Steal My Night
15.Wondering About The Knife
16.Manifold Man
17.Please Don't Send Me To Heaven
18.Sunday's Calling
19.Love In Friends
20.Recordbreaker(Live)
21.New Rose/Kick Out The Jams(Live)
SEO [PR] ギフト 音楽配信 コンサート情報 わけあり商品 無料レンタルサーバー