EP

Little Thoughts

★★★★

6曲入り来日記念EP。 タイトルナンバーの1.はBloc Party史上最もキャッチーなナンバーで、スカ調の軽快なカッティングが印象的な好ナンバー。僕はこの曲でBloc Partyを聴くことを決めました。 4.のみ1stアルバム収録ですが、他のナンバーも1stアルバムに収録されていてもなんの遜色もない(むしろ何曲かとっかえてもいいくらい)の好ナンバーが詰まっています。 Bloc Partyが好きであれば必聴です。 オススメは、1.4.5.

  • 1.Little Thoughts
  • 2.Tulips
  • 3.Storm And Stress
  • 4.Helicopter
  • 5.Skeleton
  • 6.Tulips(MINOTAUR SHOCK REMIX)
1st

Silent Alarm

★★★☆

1st。 タイトで独特の緊迫感を孕んだビートを刻むドラムが、何とも言えず◎。 ケリーの何かに迫られているような独特の歌声は好みの分かれるところでしょうか。 アルバムハイライト2.は今後の彼らの代表曲となるナンバーで、この曲がダメならアルバム一枚ダメかもしれません。 オススメは、2.4.5.

  • 1.Like Eating Glass
  • 2.Helicopter
  • 3.Positive Tension
  • 4.Banquet
  • 5.Blue Light
  • 6.She's Hearing Voices
  • 7.This Modern Love
  • 8.Pioneers
  • 9.Price Of Gasoline
  • 10.So Here We Are
  • 11.Luno
  • 12.Plans
  • 13.Compliments
  • 14.So Here We Are(Four Tet Remix)
  • 15.Plans(Mogwai Remix)
  • 16.Pioneers(M83 Remix)
Remix

Two More Years EP + Silent Alarm Remixed

★★

その名の通り、新EPと1stのリミックス盤の2枚組アルバム。 新曲は1st時のようなどこか緊迫感のある雰囲気は抜けた2ndの路線に近いナンバー。それより何より3.のThe Streetsのリミックスがキレがあってカッコ良い(僕はThe Streets自体はあまり好きではないのですが...)。 リミックス盤の方に関しては、原曲を壊し過ぎず、かといってロック過ぎず、良い具合にアレンジされてるのではないかと思います。

  • Disc1
  • 1.Like Eating Glass
  • (Ladytron Zapatistat Mix)
  • 2.Helicopter
  • (Whitney Version)
  • 3.Positive Tension
  • (Blackbox Remix)
  • 4.Banquet
  • (Phones Disco Edit)
  • 5.Blue Light
  • (Engineers 'Anti-Gravity' Mix)
  • 6.She's Hearing Voices
  • (Erol Arkans's Calling)
  • 7.This Modern Love
  • (Dave P & Adam Sparkle's Mix)
  • Disc2
  • 1.Two More Years
  • 2.Two More Years Edit
  • 8.Pioneers
  • (M83 Remix)
  • 9.Price Of Gasoline
  • (Automato Remix)
  • 10.So Here We Are
  • (Four Tet Remix)
  • 11.Luno
  • (Bloc Party Vs. Death From Above 1979)
  • 12.Plans
  • (Replanned by Mogwai)
  • 13.Compliments
  • (Shibuyaka Remix by Nick Zinner)
  • 14.Banquet
  • (Cornelius Remix)
  • 3.Banquet(The Streets Mix)
  • 4.Hero
2nd

A Weekend In The City

★★★★☆

2nd。 前作と比べるとポップ度が上がり、ケリーの独特の歌声も柔らかみを帯び、無機質な感じが強かったサウンドにも暖かみが差してきたような印象があります。 エレクトロニカな要素の導入も、美しくなったメロディラインに合ってて良しです。 ジャケ写のようなシチュエーションにぴったり合う一枚です。 オススメは、2.5.9.

  • 1.Songs For Clay(Disappear Here)
  • 2.Hunting For Witches
  • 3.Waiting For The 7.18
  • 4.The Prayer
  • 5.Uniform
  • 6.On
  • 7.Where Is Home?
  • 8.Kreuzberg
  • 9.I Still Remember
  • 10.Sunday
  • 11.Srxt
  • 12.We Were Lovers
  • 13.England
3rd

Intimacy

★★★☆

3rd。 前作から一転、ビートの効いたダンスミュージックに傾倒したようなサウンドに。 そこに載せられるケリーの歌声も、独特の黒いノリが活き活きとしており、個人的には良い変化かな。と感じました。 ただし全体的にはちょっと色んなことに手を出し過ぎて、散漫な印象も拭えない。かな。前作・前々作の作品としての統一感と比べるとね。 オススメは、2.3.9.

  • 1.Ares
  • 2.Mercury
  • 3.Halo
  • 4.Biko
  • 5.Trojan Horse
  • 6.Signs
  • 7.One Month Off
  • 8.Zephyrus
  • 9.Talons
  • 10.Better Than Heaven
  • 11.Ion Square
  • 12.Letter To My Son
  • 13.Your Visits Are Getting Shorter
  • 14.Talons(Acoustic Version)
  • 15.Signs(Acoustic Version)

-Member-
Kele Okereke(Vo,Gt)
Russell Lissack(Gt)
Gordon Moakes(Ba,Vo)
Matt Tong(Dr)

-メモ-
ロンドン発の4人組。99年結成。
Vo.Keleは両親がナイジェリア出身、Dr.MATTは中国人とイギリス人のハーフ。
マネージャーが元Menswear。

-オフィシャル関連-
Official
Myspace

-関連レビュー-
Menswear
The Streets

SEO [PR] ギフト 音楽配信 コンサート情報 わけあり商品 無料レンタルサーバー