1st

Peace Thru Vandalism/When In Rome Do As The Vandals

1stEP+1stフルアルバム。ちなみに1.〜6.がPeace Thru Vandalism収録曲。 メンバーのラインナップからして、2nd以降とはほぼ別バンドなのですが、サウンド的にも別バンド。 ちょっとロケンローな初期パンク色の強い荒々しいサウンドの作品となっています。 6.などは後々までライブで披露されますが、全体的には好き嫌いのはっきり分かれる作品ではあるでしょう。 オススメは、6.

  • 1.Wanna Be Manor
  • 2.Urban Struggle
  • 3.The Legend Of Pat Brown
  • 4.Pirate's Life
  • 5.H.B. Hotel
  • 6.Anarchy Burger(Hold The Government)
  • 7.Lady Killer
  • 8.Bad Birthday Bash
  • 9.Master Race(In Outer Space)
  • 10.Big Bro Vs. Johnny Sako
  • 11.Mohawk Town
  • 12.Viking Suit
  • 13.Hocus Pocus
  • 14.I'm A Fly
  • 15.Slap Of Love
  • 16.Airstream
  • 17.Rico
3rd

Fear Of A Punk Planet

★★★☆

3rdフル。 大きくメンバー変更を経てサウンドも変化。今でもライブの定番曲であるオープニングナンバーにも表れているよう、かなりポップさが増しました。 とはいえ、後の作品と比べるとハードロックやハードコアからの影響を感じさせるサウンドは色濃く残っております。 16.はThe Beach Boysのカバー。 オススメは、1.3.7.

  • 1.Pizza Train
  • 2.Rodge
  • 3.Join Us For Pong
  • 4.Hey Holmes!
  • 5.Girls Turn 18 Every Day
  • 6.Kill My Tarent
  • 7.Summer Lovin'
  • 8.Day Farrah Fawcett Died
  • 9.Anti
  • 10.Teenage Idol
  • 11.Small Wonder
  • 12.Phone Machine
  • 13.Shi'ite Punk
  • 14.China Town
  • 15.Working For The Man
  • 16.Kokomo
Live

Sweatin' To The Oldies

★★

ライブ盤。 後に出るライブ盤と比べれば、当然サウンドも演奏も荒々しい。 "1st及び2ndが特に好き!"ということであればともかく、そうでなければ03年にリリースのライブ盤だけで充分かと。 同内容のDVDもリリースされております(この感想はCDのみのもの)。

  • 1.Anarchy Burger(Hold The Government)
  • 2.The Legend Of Pat Brown
  • 3.Join Us For Pong
  • 4.Pizza Train
  • 5.Master Race(In Outer Space)
  • 6.Wanna Be Manor
  • 7.Mohawk Town
  • 8.Lady Killer
  • 9.Girls Turn 18 Every Day
  • 10.Hey Holmes!
  • 11.H.B. Hotel
  • 12.Pirate's Life
  • 13.Summer Lovin'
  • 14.Urban Struggle
  • 15.Teenage Idol
4th

Live Fast Diarrhea

★★★★☆

4thフル。 7th以降から彼らの虜になった方も、このアルバムからは違和感なく聴けるでしょう。 これまで持っていた激しさを失うことなしに、Dickiesなんかとも通ずると評される彼ら独特のポップセンスをいかんなく発揮することに成功してます。 7thと並び、90年代メロディックパンクシーンを代表する一枚と言えると思います。5.は多分ディズニーのカバー。 オススメは、3.6.7.

  • 1.Let The Bad Times Roll
  • 2.Take It Back
  • 3.And Now We Dance
  • 4.I Have A Date
  • 5.Supercalifragilisticexpialidocious
  • 6.Power Mustache
  • 7.N.I.M.B.Y.
  • 8.Ape Shall Never Kill Ape
  • 9.Live Fast Diarrhea
  • 10.Happy Birthday To Me
  • 11.Change My Pants(I Don't Wanna)
  • 12.Get In Line
  • 13.Johnny Two Bags
  • 14.Kick Me
  • 15.Soup Of The Day
5th

the quickening

★★★☆

5thフル。 現メンバーによる作品の中では最も初期のハードコア色を感じさせる作品。 前作で発揮され、今作でも2.3.などのライブ定番曲に如実なポップセンスも全体的には少し抑え目か。 でも2.はVandalsを物語る上で欠かせない彼ららしい楽曲のため、必聴。 オススメは、2.3.15.

  • 1.Stop Smiling
  • 2.It's A Fact
  • 3.Marry Me
  • 4.Allah!
  • 5.Tastes Like Chicken
  • 6.(But Then) She Spoke
  • 7.How(Did This Loser Get This Job)
  • 8.Hungry For You
  • 9.Failure Is The Best Revenge
  • 10.Aging Orange
  • 11.Canine Euthanasia
  • 12.Moving Up
  • 13.(I'll Make You)Love Me
  • 14.Choosing Your Masters
  • 15.I Believe
6th

Oi To The World

★★★

6thフル。 クリスマスアルバム、と言ってもよくあるカバー集ではなく(多分)全てオリジナルナンバー。 そんな制約が原因かどうかはわかりませんが、ちょっと彼らのポップさが発揮されておらず。 全体として消化不良な感は否めません。 オススメは、3.4.

  • 1.Gun For Christmas
  • 2.Grandpa's Last X-Mas
  • 3.Thanx For Nothing
  • 4.Oi To The World!
  • 5.Nothing's Going To Ruin My Holiday
  • 6.Christmas Time For My Penis
  • 7.I Don't Believe In Santa Claus
  • 8.My First X-Mas(As A Woman)
  • 9.Dance Of The Sugar Plum Fairlies
  • 10.Here I An Lord
  • 11.Hang Myself From The Tree
  • 12.C-H-R-I-S-T-M-A-S
  • 13.Overture
7th

Hitler Bad,Vandals Good

★★★★★

名作7th。 メロディックパンクを基盤に、適度なお遊び感と独特のポップセンスを融合させた彼ららしい楽曲が詰まっております。 オープニング3曲が全てを物語っております(もちろん他の楽曲も◎)。9.はPennywise、14.はご存知"サウンド・オブ・ミュージック"のカバー。 ちなみに間違いなく問題発生なアルバムタイトルが、日本盤ではIcecream Treat Insideに変更された。 オススメは、2.3.12.

  • 1.People That Are Going To Hell
  • 2.Cafe 405
  • 3.My Girlfriend's Dead
  • 4.I Know,Huh?
  • 5.Money's Not An Issue
  • 6.I've Got An Ape Drape
  • 7.If The Gov't Could Read My Mind
  • 8.Too Much Drama
  • 9.Come Out Fighting
  • 10.Euro-Barge
  • 11.F'D Up Girl
  • 12.Idea For A Movie
  • 13.OK
  • 14.So Long,Farewell
8th

Look What I Almost Stepped In...

★★★★

8th。 これまでの作品からすると、少しメロディに重きを置いて落ち着いちゃったかな、という印象。 The OffspringのVo.Dexter Hollandも作曲・コーラスに参加した6.など、ミディアムテンポの楽曲がちらほら出てきているのもそう感じる要因かな。 14.にはTenacious DのJack BlackとKyle Gassがコーラス参加。 オススメは、1.4.9.

  • 1.Behind The Music
  • 2.Sorry, Mom And Dad
  • 3.Go
  • 4.New You
  • 5.Flowers Are Pretty
  • 6.Jackass
  • 7.What About Me?
  • 8.You're Not The Boss Of Me(Kick It)
  • 9.I'm The Boss Of Me
  • 10.That's My Girl
  • 11.Get A Room
  • 12.San Berdu
  • 13.Crippled & Blind
  • 14.Fourteen
9th

Internet Dating Superstuds

★★★★☆

9th。 9.のようなミディアムテンポなナンバーもまだ残ってはいますが、彼ららしいスピーディでコミカルな展開は完全復活しております。 個性の強い彼ららしい楽曲が充実しており、4th・7thと並んで彼らの代表作と言えるでしょう。 オススメは、2.4.10.

  • 1.43210-1
  • 2.Appreciate My Honesty
  • 3.I'm Becoming You
  • 4.Disproportioned Head
  • 5.Soccer Mom
  • 6.We'll All Get Laid
  • 7.Little Weirdo
  • 8.I Can't Wait
  • 9.Where's Your Dignity?
  • 10.My Brain Tells My Body
  • 11.When I Say You I Mean Me
  • 12.The Unseen Tears Of The Albacore
  • 13.My Brother Is Gay
  • 14.Lord Of The Dance
  • 15.Count To Ten
Live

The House Of Blues

★★★★★

彼らにとって2枚目のライブアルバム。 これまでの代表曲は大体網羅されており、ベストアルバムとも言える様相。 お馴染みのGt.Warren独り舞台(笑)も収録されており、彼らがどういうバンドなのかを知るのにも良いでしょう。 CDとDVDで販売しているが、DVDには同内容のCDが丸々付いてくるため、価格的にもDVDを買うのが吉。 DVDには超絶ドラマーJosh Freeseだけを撮り続けているアングルが。

  • 1.43210-1
  • 2.Appreciate My Honesty
  • 3.It's A Fact
  • 4.Idea For A Movie
  • 5.Pizza Train
  • 6.Cafe 405
  • 7.Soccer Mom
  • 8.New You
  • 9.Marry Me
  • 10.Oi To The World
  • 11.N.I.M.B.Y
  • 12.My Brain Tells My Body
  • 13.People That Are Going To Hell
  • 14.Too Much Drama
  • 15.Disproportioned Head
  • 16.Take It Back
  • 17.Unseen Tears Of The Albacore
  • 18.And Now We Dance
  • 19.I've Got An Ape Drape
  • 20.Behind The Music
  • 21.My Girlfriend's Dead
  • 22.I've Got A Date
10th

Hollywood Potate Chip

★★★★

10th。 ミディアムテンポな楽曲が減り、激しさが増しました。5th"Quickening"が感触的には一番近い。 QUEENの名曲をカバーした2.はPV(フレディに扮したWarrenが歌い歩く)共々、彼ららしくて◎。 激しさが先行しているため、入門用にはオススメしないが、彼らのメロディセンスの良さも随所に発揮されております。 2.5.11.

  • 1.How They Getcha
  • 2.Don't Stop Me Now
  • 3.My Neck,My Back
  • 4.Be A Good Robot
  • 5.Manimal
  • 6.My Special Moment
  • 7.Designed By Satan
  • 8.Atrocity
  • 9.Dig A Hole
  • 10.Don't Make Me Get My Fat,Lazy Ass Off This Couch
  • 11.I'll Guess I'll Take You Back
  • 12.Christian Or Canadian
  • 13.Crushed
  • 14.Steal The Flag
B Side

BBC Sessions And Other Polished Turd

★☆

デジタルリリースオンリーだったレア音源集のCD化。 新曲3.や雑誌の懸賞用7インチに収録されたという7.などはThe Vandalsらしいコミカルさとポップさの発揮された佳作ですが、 全体的にはブツ切りな編集がされてる部分など、コレクターズアイテム的な要素が強すぎるかな。 ファン以外にはあまりオススメできません。

  • 1.Sheena Is A Punk Rocker
  • 2.Judy Is A Punk
  • 3.Long Haired Lover From Liver Pool
  • 4.Joe
  • 5.Costa Mesa Hates Me
  • 6.Jilted John
  • 7.Change The World With My Hockey Stick
  • 8.I'm Black
  • 9.Heigh-Ho
  • 10.Poison
  • 11.My Neck/My Back(Live)
  • 12.Ball And Chain(Live)
  • 13.Mexican Blackbird(Live)
  • 14.Canine Euthenasia(Live)
  • 15.Don't Stop Me Now(Live)
  • 16.You're Not The Boss Of Me(Kick It)(R&B Remix)
  • 17.Urban Struggle

-Member-
Joe Escalante(Ba)
Dave Quackenbush(Vo)
Warren Fitzgerald(Gt)
Josh Freese(Dr)

-メモ-
82年結成。オリジナルメンバーはBa.Joeのみ。そのJoeも89年(Josh加入)まではドラムを担当。
Gt.Warrenはライブでは必ず脱ぎます。ケツを出します。
そんな(愛すべき)アホな行動とは裏腹に、才能豊かなメンバー各々のバンド外活動も活発で、JoeとWarrenはメロディックパンクレーベルKung-Fu Recordsのオーナー(最近はとんとリリースがない)。更にWarrenはプロデュース業やTenaciousD(俳優ジャック・ブラックでお馴染み)のギタリストなども務めている。 腕利きドラマーとして有名なJoshは、Nine Inch Nails,The Offspring,a perfect circle他、様々なバンドでも活躍している。 Daveのみ唯一課外活動が聞こえてこないが、ビールの流通業(?)を営んでいるらしい。

-オフィシャル関連-
OFFICIAL SITE
Myspace

-関連レビュー-
The Dickies
Nine Inch Nails
The Offspring
PENNYWISE
a perfect circle
Tenacious D

SEO [PR] ギフト 音楽配信 コンサート情報 わけあり商品 無料レンタルサーバー