2nd

...Always Leave The Ground

★★★★

2ndフル。 ピアノがとても活きている透明感のあるサウンド&歌声が印象的なエモサウンド。maeやJimmy Eat Worldなんかもよく引き合いに出されますが、僕はCopeland(初期)を彷彿とさせられました。 Copelandと比べるとギターロック的な色合いも強いかな。6.なんかはそういう側面が如実に出たリフありきなナンバーという感じ。 美メロが活きているピアノバラードな4.なども◎です。 オススメは、4.6.10.

  • 1.Sometimes
  • 2.Tomorrow Is Waiting
  • 3.Hourglass
  • 4.Second Place Victory
  • 5.Slideshow
  • 6.History Is Falling For Science
  • 7.Day We Started
  • 8.We Always Rewind The Best Part
  • 9.I Remember Me
  • 10.Seven-Eighty
  • 11.Clouds & Skyscrapers
  • 12.New Focus
  • 13.Long Walk Home
3rd

The Bell And The Hammer

★★★

3rdフル。 前作はどの曲も平均点以上という感じではあったものの、maeやJEW、Copelandなど引き合いに出されるバンドとの差別化がもう一段階必要かもしれないなという印象でした。 今作では前作でもほのかに香っていたジャジーな要素が一気に色濃くなり、一筋縄ではいかない独特の曲展開が印象的な一枚となっています。 反面、メロディが少し弱くなってしまった印象があるのが残念なところかな。独自の路線を開拓する姿勢は◎ですが。 オススメは、2.8.9.

  • 1.Always Straight Ahead
  • 2.Second Star To The Right
  • 3.The Bell And The Hammer
  • 4.More Of A Climb,Less Of A Walk
  • 5.Sara,Poor Sara
  • 6.Eustace
  • 7.Walking Contradicitions
  • 8.Building A Home
  • 9.Winter Winter Spring
  • 10.Practice Makes Better
  • 11.Of Course We've All Seen The Sun
  • 12.All We Thought We Could

-Member-
Jeff Martin(Vo,Gt)
Joseph Secchiaroli(Ba,Vo)
Michael Carroll(Gt)
Kelly Sciandra(Piano)
Steven Padin(Dr,Vo)

-メモ-
米国ニューヨーク発5人組。01年結成。
02年に1st"Start Over Monday"を自主リリース(現在おそらく入手困難)。
2ndよりOne Eleven Recordsに所属、日本盤はBullionさんより。
3rdアルバムリリース後、Vo.Jeffの脱退が決まり活動休止。現在は、Vo.に新メンバーを迎え"The Reign Of Kindo"として活動。

-オフィシャル関連-
OFFICIAL SITE
Myspace

-関連レビュー-
Copeland
Jimmy Eat World
mae
The Reign Of Kindo

SEO [PR] ギフト 音楽配信 コンサート情報 わけあり商品 無料レンタルサーバー