1st

Leave Through The Window

★★★★☆

5人組エモロックバンドSomething Corporateの1stフル。 いわゆるピアノエモの走り。Ben Folds Fiveともちょっと違うそのスタイルは、Drive-Thru Recordsはもちろん、当時の音楽シーン的にも珍しい存在でした。 後に流行するピアノエモと比べて、ピアノを全面的に押し出すようなあざとさもなく、バンドのアンサンブルの一部としてしっかり納まっているのが好印象。 そしてなによりメロディ重視なDrive-Thruのバンド群においても、Vo.アンドリューのメロディセンスは群を抜いています。 オススメは、2.3.10.

  • 1.I Want To Save You
  • 2.Punk Rock Princess
  • 3.I Woke Up In A Car
  • 4.If You C Jordan
  • 5.The Astronaut
  • 6.Hurricane
  • 7.Cavanaugh Park
  • 8.Fall
  • 9.Strow Dog
  • 10.Good News
  • 11.Drunk Girl
  • 12.Not What It Seems
  • 13.You're Goen
  • 14.Globes & Maps
2nd

North

★★★

2nd。哀愁漂う独特の空気感を生みだしていたメロディが素晴らしかった1stと比べると、ちょっと普通のアメリカンロックバンド的なメロディになってしまったなぁ。という印象。 1stもミディアムテンポのナンバーが中心でしたが、全体的に更にスローテンポに。 悪いというほどではないけれど、彼らに期待していたものとはちょっと違うかなという感じです。 オススメは、2.8.9.

  • 1.As You Sleep
  • 2.Space
  • 3.Down
  • 4.Only Ashes
  • 5.Me & The Moon
  • 6.Runaway
  • 7.Ruthless
  • 8.She Paints Me Blue
  • 9.Break Myself
  • 10.I Won't Make You
  • 11.And Invincible
  • 12.Miss America
Member Photo

関連レビュー

SEO [PR] ギフト 音楽配信 コンサート情報 わけあり商品 無料レンタルサーバー