1st

Munity!

★★★★☆

1stフル。 癖のないストレートなメロディックパンク向きな声とエモパンク系な高音が強い声のツインボーカルが特徴的。 曲中で魅せる縦ノリ横ノリの絶妙な使い分けはハードコアからの影響を感じさせます。4曲目までの流れるようなセンスある曲構成が特に◎。 日本盤ボーナストラックの13.はGorilla Biscuitsのカバー。 オススメは、2.4.5.

  • 1.Work In Progress
  • 2.We Do It For The Money,Obviously!
  • 3.Dead Men Tell No Tales
  • 4.Munity!
  • 5.This Song Is Definitley Not About A Girl
  • 6.Old Book Misread
  • 7.This Very Moment
  • 8.Fight Of The Navigator
  • 9.To Be Continued...
  • 10.Don't Let This Win Over You
  • 11.Echoes
  • 12.Goonies Never Say Die!
  • 13.Forgotten
2nd

This Will Be The Death Of Us

★★★☆

2ndフル。 ジャケはいかつくなったけどサウンドは若干EMO寄りに丸くなった印象です。 緩急の付け具合も、絶妙だった前作と比べるとちょっと落ちる内容かなぁ。縦ノリ横ノリの振り幅がすごく狭まった感じがするんですよね、今作。 ツインボーカルなどの魅力は相変わらず活きてて良いんですが。 オススメは、5.6.10.

  • 1.This Will Be The Death Of Us
  • 2.With Hoffman Lenses We Will See The Truth
  • 3.Look Closer
  • 4.Summer Jam
  • 5.Like You To Me
  • 6.Fallen...
  • 7.Few That Remain
  • 8.Equals
  • 9.Gaia Bleeds(Make Way For Man)
  • 10.Flawed Methods Of Persecution & Punishment
  • 11.Arrival Notes
  • 12.Our Ethos:A Legacy To Pass On

-Member-
Matt Wilson(Vo)
Jordan Brown(Vo)
Joe Saucedo(Ba)
Audelio Flores,Jr(Gt)
Daniel Coddaire(Gt)
Michael Ambrose(Dr)

-メモ-
米国サンフランシスコ発6人組。2004年結成。
バンド名の由来はCIVのアルバム名より拝借。1stリリース後、Epitaphに移籍。

-オフィシャル関連-
Myspace

-関連レビュー-
CIV
Gorilla Biscuits

SEO [PR] ギフト 音楽配信 コンサート情報 わけあり商品 無料レンタルサーバー