1st

A Fever You Can't Sweat Out (2005)

★★

1stフル。 Fall Out Boyのピートに見出されたという宣伝文句とバンド名通りの"Emo Punk×Dance"なサウンド。 後にあまた出てくる同系統のバンドと比べると打ち込みなどは味付け程度にとどまっているのは個人的には好感。 絶妙なバランス&キャッチーなキラーチューン2.は名曲クラス。ですが、全体的にはパンチが弱く、冒頭に名前のでたFall Out Boyと比べるともう一歩というところでしょうか。 オススメは、2.3.6.

1.Introduction
2.The Only Difference Between Martyrdom And Suicide Is Press Converage
3.London Beckoned Songs About Money Written By Machines
4.Nails For Breakfast, Tacks For Snacks
5.Camisado
6.Time To Dance
7.Lying Is The Most Fun A Girl Can Have Without Taking Her Clothes Off
8.Intermission
9.But It's Better If You Do
10.IWrite Sins Not Tragedies
11.I Constantly Thank God For Esteban
12.There's A Good Reason These Tables Are Numbered Honey, You Just Haven't Thought Of It Yet
13.Build God,Then We'll Talk
2nd

Pretty.Odd (2008)

★★★☆

2ndフル。 前作からガラっとサウンドは変わり、60's(っていうかThe Beatles)なんかからの影響の色濃いポップソングの応酬。 ホーンセクションの使い方なんか思いっきり中期The Beatlesを感じさせるようなアレンジですね。 前作のようなダンサブルな要素は一切なくなってますけど、Vo.のちょっと太めの歌声はそのまんまなのでエモい部分を期待してた人も意外とイケちゃうんじゃないかな、と思うんですけどね。 Fall Out Boyの2番煎じ感のあった前作よりは僕は好きです。 オススメは、2.5.13.

1.We're So Starving
2.Nine In The Afternoon
3.She's A Handsome Woman
4.Do You Know What I'm Seeing
5.That Green Gentleman (Things Have Changed)
6.IHave Friends In Holy Spaces
7.Northern Downpour
8.When The Day Met The Night
9.Pas De Cheval
10.The Piano Knows Something I Don't Know
11.Behind The Sea
12.Folkin' Around
13.She Had The World
14.From A Mountain In The Middle Of The Cabins
15.Mad As Rabbits
3rd

Vices & Virtues (2011)

★☆

3rdフル。 大幅なメンバーチェンジで前作までのメインソングライターを失った彼らですが、前作前々作の内容を踏襲したようなサウンドで。 ただ振り幅のでかいその2作の良いとこどりをしているというよりは、両方を消化しきれていないようなどっちつかずなサウンドという印象を受けました。 へいへいの掛け声に赤面してしまう3.とかメジャーよろしくな爽やかポップな4.とかを聴く限りでは、"アイドル路線"で割りきって進むのかなー、と感じました。 オススメは、1.

1.The Ballad Of Mona Lisa
2.Let's Kill Tonight
3.Hurricane
4.Memories
5.Trade Mistakes
6.Ready To Go(Get Me Out Of My Mind)
7.Always
8.The Calendar
9.Sarah Smiles
10.Nearly Witches(Ever Since We Met...)

SEO [PR] ギフト 音楽配信 コンサート情報 わけあり商品 無料レンタルサーバー