1st

Dial Square (1992)

★★★★

1stフル。 USオルタナ的力強さとUKメロディック的な陰湿さ・繊細さの両面が滲み出ているサウンドが特徴的。 2.はそんな彼らを象徴するようなナンバーで、根底にあるメロディは哀愁感たっぷり。他の曲も含めて決してキャッチーではないのですが、ジワジワこみ上げてくる何かがありますね。 哀愁メロディのメロディックパンクナンバー1.、オルタナ色強いミドルテンポナンバー4.、直球パンキッシュな5.、スピーディなUKメロディックナンバー7.、 泣きのギターの9.、メタルテイストなベースラインのどす暗い12.、8分に渡る長尺ナンバーで後半のギターソロの哀愁感が◎な13.、荒々しいサウンドでVo.の音は小さいながらも哀愁漂うメロディはピカイチの14.(My Bloody Valentineのカバー))、今作中では最もポジティブな高揚感ある16.などなど。 14.〜16.は日本盤ボーナストラック。 オススメは、1.7.9.

1.Found
2.Better Than Before
3.Me In You
4.Gun
5.Making Time
6.Killing Time
7.Come Down
8.Make A Start
9.What You Said
10.Wish
11.Brand New
12.Sweat
13.Heaven
14.You Made Me Realise
15.Everywhere I Look
16.Who You Are
2nd

Life's Too Hard (1993)

★★★★

2ndアルバム。 前作に続き渋く哀愁感たっぷり。切迫感を感じさせるメロディが印象的な2.、音数少なくシンプルなバックが渋いメロディラインを引き立てる3.、 比較的キャッチーでアクセントになってる6.、荒々しさも感じさせるギターワークがカッコイイ7.、タイトルから受ける印象とは逆にポジティブな希望を感じさせるメロディが印象的な8.、 ファルセットなコーラスが哀愁感を強めている9.、どこか人懐っこいメロディとラストのギターソロが◎の11.、空間系のエフェクトをかけたギターサウンドがカッコイイ落ち着いたミディアムテンポナンバー12.など。 オススメは、6.8.11.

1.Jamie And Gigi
2.Lies
3.Straight Line
4.Out Of View
5.Sell These Years
6.Counting Days
7.Kemper
8.Disappear
9.Cyclops
10.Summercide
11.Strange How
12.Goodbye
3rd

Note To Self (2010)

★★★★★

再結成3rdフル。 17年ぶりということで、歪みまくったギターソロとかマイナー調なメロディとかUSオルタナからの影響を感じさせるようなサウンドの根底自体は同じなんですが、だいぶ現代的なマイルドな味付けに変わったなあというのが第一印象。 タイトルナンバー2.をはじめ、USロック的なメロディを乗せた疾走系ナンバー4.、ポップなリズムと明るいメロディの5.、メロディックパンク的な立ち位置が強く感じられる6.、 ロック色がとびきり強い8.、ヘヴィロック調なリフが◎な10.など、一発で頭に入り込んでくるようなナンバーが揃ってるのも、これまでの彼らのイメージとちょっと違って新鮮です。 オススメは、2.6.8.

1.It Ain't Right
2.Note To Self
3.Drag To Care
4.Your Last Mistake
5.New Black World
6.It's Your Life
7.Staring At The Sun
8.Count Me Out
9.I Don't Care
10.In Your Room
11.Shadows
12.Claret
SEO [PR] ギフト 音楽配信 コンサート情報 わけあり商品 無料レンタルサーバー