1st

Everyone Hates... (2005)

★★★★☆

1stフル。 軸はポップパンクだけど90's Melodic Punkからの影響も感じさせるサウンドですね。 メタル調の(インスト風)オープニングナンバーに続く2.は、仄かにCruzian Punkなテイストを感じさせる一捻りある展開でカッチョいいです。 その他ふわふわシンセ大活躍な3.、青いメロ全開の4.、ドタバタスピーディなイントロが印象的な6.、今作中では最もサーフテイスト濃い7.などが特に印象的。 メロディが抜群に良いだけに激しいハードコア調なサウンドにシャウトの乗っかった9.なんかは普通に歌えばいいのにとか思ったり思わなかったり... また全編通してコーラスワークが◎です。 オススメは、2.3.7.

1.No One Knows
2.We Play Music For 16 Year Old Girls
3.Cheeta Is A Punk Rocker
4.TV Food And Fast Vision
5.Meat People
6.Leave!
7.Fun Sun Booze And Boobs
8.Bean Slice
9.Vandal / I'm Low
10.Falling Out
11.Focus
2nd

Who Cares? (2010)

★★★★☆

2ndフル。 独特の捻りの効いた曲展開は前作より更にレベルアップ。オープニングナンバーなんかはその彼らのセンスが炸裂したメロディックナンバーですね。 その他、Screeching WeaselBen Weaselが大絶賛ということで話題になった、ウクレレ弾き語りで始まる甘酸っぱいメロが貯まらないパワポナンバー4.を筆頭に、 比較的ミディアムテンポのパワーポップ・ライクなナンバーが増えたという印象ですね。厚みのあるコーラスワークも相変わらず秀逸です。 オススメは、1.4.7.

1.Everyone Hates
2.Don't Track Me Down
3.Nothing At All
4.Hawaiian Girl
5.My Feelings
6.Better Off Alone
7.Quebec City
8.Somehow You Have To Pay
9.Morning Tales
10.MxM

SEO [PR] ギフト 音楽配信 コンサート情報 わけあり商品 無料レンタルサーバー