1st

Public Affection (2008)

★☆

1stアルバム。 RamonesScreeching Weaselなど直系のポップパンクサウンド。 4.とか7.みたいなちょっとハードコアとか経由したのかな、って感じのハードなサウンドが特徴的ですが、そっち方面のサウンドが顔を出す曲が個人的には少しイマイチでした。 哀愁漂うメロディラインももう一歩突き抜ければ...という印象です。 オススメは、3.6.9.

1.Jewel Osco
2.Oriental Buffet Girl
3.Lisa Louise
4.Girl #3
5.E.T.Phone Home
6.Gas Station Girl
7.Dead By Dawn
8.Tricia
9.I Gotta
10.Let's Go!!
11.E.M.O.
12.Jesse Marie
13.Joey Vs. Brittany
2nd

Japan Invasion (2009)

★★★☆

2ndフル。 前作と比べると少し荒っぽかったサウンドも整い、メロディライン・コーラスワークが充実した仕上がりになってます。 4.のようなミディアムテンポのナンバーや、6.のようなインストナンバーの作り込み具合からそこら辺うかがえるんじゃないでしょうか。 後半に個人的にちょっと苦手なハード路線なナンバーも数曲顔を出しますが、全体的には格段に前作より好きですね。 オススメは、2.4.7.

1.Kobanes Theme Song
2.You Are The One
3.Please Don't
4.Nobody
5.I Can't
6.Ice Cream Queen
7.Fanmail
8.Population One
9.I'm Not Right
10.Bathroom
11.Bitter Heart
12.Die!

SEO [PR] ギフト 音楽配信 コンサート情報 わけあり商品 無料レンタルサーバー