2nd

Not So Tough Now

★★★★☆

マックも潰れる2ndアルバム。 スラップ連発のゴリゴリしたベースとパワフルなドラムが特徴的で、ファンキーな個性が特に光っている初期の彼ら。 音質的には粗めで、吐き捨てるような(投げやりな(笑))ボーカルも好みの分かれる要素かもしれませんが、軸となるメロディは◎です。 前半のインパクトが強すぎて後半がちょっと霞むのが残念かな。もう一発くらい後半にインパクトの強い楽曲が欲しかったです。 オススメは、2.5.8.

  • 1.**
  • 2.Punch In The Face
  • 3.Disappointment
  • 4.Parasite
  • 5.Wasted
  • 6.Not So Tough Now
  • 7.Jesus
  • 8.Uncle Ken
  • 9.Not Your Thyme
  • 10.Wrong Is Right
  • 11.Human Excreta
  • 12.Urban Myth
  • 13.Pants
  • 14.You Are A Knob
  • 15.Here Today Gone Late Today
  • 16.Big Brother
  • 17.Wish You Were There
  • 18.Something Really Quiet
3rd

Meet The Family

★★★

3rd。 前作では粗めだった音質は大分良くなりました。 アルバム前半は癖の強い独特の雰囲気の楽曲が多いので、他のアルバムと比べるととっつきづらいかもしれません。後半は割とキャッチーなナンバーが揃っているんですが。 ちょっと楽曲毎の好き嫌いが激しくわかれるような内容かな。 オススメは、1.4.5.

  • 1.Mum Changed The Locks
  • 2.Mr.Charisma
  • 3.There's Your Dad
  • 4.Racist
  • 5.Ship Of Beers
  • 6.Be Still My Beating Off
  • 7.I Hate My Brain
  • 8.Ballad Of Tim Webster
  • 9.U.S. Anus
  • 10.Constable Care
  • 11.(That's) Just Not Legal
  • 12.Hakimashita
  • 13.Genitals Are Funny
  • 14.All Your Friends
  • 15.Beaded Curtains(Pt.2)
  • 16.Beaded Curtains(Pt.3)
  • 17.Guns Don't Kill Ducklings(Ducklings Kill Ducklings)
  • 18.You Can't Move Into My House
4th

A Man's Not A Camel

★★★

4thフル。 今作からFAT WRECK CHORDSということもあり、独特の癖の強さも抑え目で聴きやすくなってるかなという印象。 キャッチーなメロディメーカーっぷりが存分に発揮されており、12.なんかはイントロのギターだけでにんまりです。 代表曲でもある1.なんかも聴きごたえたっぷりなのですが、全体としてはスピードも抑え目で物足りなさは残る内容かな。 オススメは、1.3.12.

  • 1.Never Had So Much Fun
  • 2.You Are Not My Friend
  • 3.It's Up To You
  • 4.I Know Everything About Everything
  • 5.I Miss My Lung
  • 6.We're Going Out Tonight
  • 7.Let's Drink A Beer
  • 8.I Know Why Dinosaurs Became Extinct
  • 9.I Don't Need Your Loving
  • 10.Self Destructor
  • 11.I'm The Problem With Society
  • 12.Do You Wanna Fight Me?
  • 13.Methadone
  • 14.Writing's On The Wall
  • 15.Summer's Here
5th

Shut Your Mouth

★★★☆

5thフル。 前作と同傾向で、癖の強さは更に抑え目になっており、飛び抜けた楽曲がない一方、平均点は上がったかな?という印象です。 まだちょっとミディアムテンポのナンバーでは"んっ?"って感じもありますが... US盤とAU盤(オリジナル盤)では曲順が異なります。管理人所有(↓の曲順)はUS盤。 オススメは、1.5.11.

  • 1.Everything's Fucked
  • 2.Had Enough
  • 3.Runaway
  • 4.Coming Home
  • 5.All Hail The Weekend
  • 6.Home Made Video
  • 7.The Best Guy
  • 8.Dance-Ecution
  • 9.Nothing's Wrong
  • 10.Rats In The Walls
  • 11.Cheer Up
  • 12.Local Resident Failure
  • 13.War
  • 14.Sodom The Clown
  • 15.I Love Fucking Up
  • 16.Don't Let The Bastards Keep You Down
6th

Sans Souci

★★★★★

6th。 前作までは徐々にポップ寄りな作風になっておりましたが、この作品から一気にまたメロディックパンク寄りな作風に。 序盤のスピード感たっぷりの飛ばしまくりナンバーから、6.のような一旦落ち着くミディアムテンポナンバーまで、軒並みクオリティが高いですね。 メロディセンスの良さも、全作品中、最も発揮されているのではないでしょうか。 初期のようなスラップばりばりのファンキーさは影を潜めているものの、演奏力の高さはしっかり感じ取れると思います。 個人的にはメロディックパンク的00年代屈指の名盤と思ってるくらい大好きな一枚です。 オススメは、4.10.14.

  • 1.Stand Up To Be C**ted
  • 2.Russell Crowe's Band
  • 3.Punisher
  • 4.Ballchef
  • 5.Bucket Bong
  • 6.Looking Good
  • 7.Greyhound
  • 8.Lead Poisoned Jean
  • 9.Who'd Be A Cop?
  • 10.White World
  • 11.C**cks
  • 12.Worlds F**kedest C**T
  • 13.60,Beautiful & Mine
  • 14.I Went Out With A Hippy And Now I Love Everyone Except For Her
  • 15.All The Kids Are Having Kids
  • 16.You'll Go To Jail
初期作品集

For The Term On Their Unnatural Lives

★★★★☆

初期&レア音源集。1.〜7.がEP"Dick Sandwich"、8.〜21.が1st"Coughing Up A Storm"、22.〜24.がEP"Sorry About The Ruse"、それ以外はB面曲など。1.〜24.は以前リリースされていた"Only A Swagman(以下略)"と同内容です。 2ndより以前の楽曲ということで、軒並みブリブリしたファンキーなサウンドが特徴。1.〜24.は各収録作品と同順の並びになっており、2.から3.などはベースイントロへの流れなど非常にカッコイイです。 25.以降のアウトトラックやB面集に関してはちょっと散発的な感じにはなっていますが、Frenzal Rhombが好きで初期の音源を持っていないのであればマストアイテムです。 オススメは、3.8.10.

  • 1.Richer Than You
  • 2.Roger
  • 3.You're OK
  • 4.Million
  • 5.Chemotherapy
  • 6.Home And Away
  • 7.Who Can You Trust?
  • 8.Genius
  • 9.Fraud
  • 10.Run
  • 11.Get Off
  • 12.Hate
  • 13.Suburban Male
  • 14.Don't Speak
  • 15.Sick And Tired
  • 16.Dugadugabowbow
  • 17.No Thought
  • 18.4 Litres
  • 19.Cones
  • 20.Kaan Kaant
  • 21.Fuck The System
  • 22.Can't Trust A Redneck
  • 23.Phil
  • 24.Why Aren't You Dead
  • 25.Bag O'Bux
  • 26.Bronze For 'Straya
  • 27.Dr Lindemans Family Adventure Theme Park World
  • 28.We Built This City
  • 29.Baby Won't You Hold Me In Your Arm
  • 30.It Might As Well Be Dunkeld
  • 31.When The People Speak
  • 32.Gambling,Vomit,Sleeping In The Bin
7th

Forever Malcolm Young

★★★★★

7thフル。 全体的に更にスピードアップしたパンキッシュな内容に。 緩急の緩はなくなりましたがメロディの良さは相変わらずで、全19曲似たり寄ったりな楽曲にはならず、彼らのセンスが余すことなく発揮されていると思います。 前作と並んで彼らのキャリア最高作と言っても過言ではないんじゃないでしょうか。 オススメは、4.7.13.

  • 1.Forever Malcolm Young
  • 2.Graham "Abo" Henry
  • 3.Johnny Ramone Was In A Fucken Good Band But He Was A C**t(Gabba Gabba You Suck)
  • 4.Red Wine And Alter Boys
  • 5.Brian's Problems
  • 6.When Will I See You At The ICU
  • 7.Please Go Over There
  • 8.Fuck You And Your Stupid Band
  • 9.Cruelty To Animals
  • 10.Don't Touch The Rabbit
  • 11.Medicine Balls
  • 12.Predickle Me This
  • 13.Goon Wolf
  • 14.I'm A Backwards Fucken Useless Piece Of Dogshit...And I Vote
  • 15.You Need A Friend
  • 16.Holiday Not Vacation
  • 17.Don't Shoot The Guest
  • 18.Caps Lock
  • 19.Find Your Own Way Home
  • 20.Wha' Happened?

-Member-
Jason Whalley(Vo,Gt)
Lindsay McDougall(Gt,Vo)
Tom Crease(Ba,Vo)
Gordy Foreman(Dr)

-メモ-
オーストラリアはシドニー発の4人組。1992年結成。
現ラインナップでオリジナルメンバーはVo.のJasonのみで、Gt.は96年、Drは98年、Baは2002年より現在のメンバーとなる。
7thアルバムは日本盤もリリース。Inyafaceさんより。

-オフィシャル関連-
OFFICIAL SITE
Myspace

-関連レビュー-
SOFTBALL

SEO [PR] ギフト 音楽配信 コンサート情報 わけあり商品 無料レンタルサーバー