関連レビュー⇒MILLENCOLIN, NO USE FOR A NAME, ONE SHORT DOLLAR
take a look inside (Shagpile)
★★★
オーストラリアはメルボルン産のメロディックパンクバンドBodyjarの1st。 どこか哀愁漂う暖かみのあるメロディーはこの頃から健在。同じBURNING HEART所属のMILLENCOLINのような 熱い哀愁メロで終始攻めまくり。ってことでMILLENCOLINが好きな人は確実に気に入るんじゃないでしょか。現在に比べると音は激しくてメタリックな感じも。 1stってことでやっぱ音はあんまり良くないけど、1.とかはかなり良い曲なのでBODYJAR好きは聴いときたい一枚。 オススメは、1.5.7.10.
1.do not do                6.2 many times
2.time to grow up          7.double standard
3.gee and ai               8.punk ass
4.so easy                  9.hardway
5.nothing's clear          10.parking space





RIMSHOT! (Shagpile)
★★★★
2ndフル。前作1stと比べて音質は断然よくなっていて成長がうかがえます。 ハード目な1stと、ロックな感じで幅の広い3rdの間ってことで、曲の方もその中間って感じです。 ギターソロもまだまだ多くてカッコいい。曲中リズムの変わる曲が多くて、全体を通して飽きのこない仕上がりに。 熱い哀愁メロに分厚いコーラスのBODYJAR節は全開です!初期の作品では1番これが好き。 オススメは、1.3.5.7.10.
1.WINDSOK                                 7.THE ONE WE FORGOT
2.ADNAM THE ONE ARMED BRICKLAYER          8.YOUR WAY OF THINKING
3.GLOSSY BOOKS                            9.NEXT TO YOU
4.TODAYS WAYS                             10.LAND ON ME
5.DON'T TELL ME                           11.5000 G
6.BOARD!                                  12.WASHED AWAY





no touch red (BURNING HEART)
★★
彼らの音源の中でもおそらく最も支持されてるかもしれない3rd。 1stの頃と比べるとスピードは少しだけ落ちて、ロック色が強くなった感じかな。暖かみのあるメロは相変わらずです。 彼らの特徴の一つ演奏・コーラスの厚みがよく出てるし、曲のバリエーションも彼らの音源中最も幅広く良い感じです。 ただVo.の歌い方に個人的に違和感感じてあまり好きじゃないです。このアルバムまでが初期BODYJARって感じですね。 オススメは、1.2.11.
1.Sequel                           7.You Say
2.Remote Controller                8.Return To Zero
3.Maze                             9.Big Fungoo
4.You've Taken Everything          10.Letter Never Sent
5.Fragile Happiness                11.Hideaway
6.I Can't Help You                 12.Let 'Em Loose





HOW IT WORKS (NITRO)
★★★★
ジャケにどこか暖かみが増し(?)、曲にも更に暖かみが増しエモ度がかなり濃くなった4th。 コーラスなども含め、全体の音に厚みが増して、非常に聴きやすい作品となりました。 しょっぱなの1.なんかはそれを見事に表してる名曲。前作同様、遊びはなく最後まで熱い歌を聴かせてくれます。 地味ですがかなり良盤だと思うのでBODYJARを聴き始めるのには是非といった感じです。 オススメは、1.5.9.12.
1.NOT THE SAME            7.FALL TO THE GROUND
2.FEED IT                 8.GOOD ENOUGH
3.ORDINARY LIVES          9.FIVE MINUTES AWAY(WHEN PUNX ATTACK MAGICIANS)
4.MAKE IT UP              10.ANOTHER DAY
5.NO PAYBACK              11.CLEAN SLATE
6.CALLING ORSON           12.RUNNING OUT OF TIME





Plastic Skies (EMI)
★★★★☆
一層ポップに、エモになったBODYJARの5th。相変わらず1曲目にキラーチューンを持ってきてます。 前作が気に入れば間違いなく気に入るでしょう。NO USE FOR A NAMEのHard Rock Bottomと競うほどの哀愁メロは見事。 それでいて演奏の厚みは失われず。まぁちょっとポップ感が強くなってきたので3rd位の頃が好きな人にとってはどうなのか。。。 ←のシンプルな白青ジャケも個人的には好きですね。 オススメは、1.2.4.5.7.9.10.13.
1.Is it a lie                     9.Don't trust anyone
2.One in a million                10.Feel better
3.Not from where I stand          11.Tortured life
4.So negative                     12.Dry gin
5.Make a difference               13.Clones
6.Too drunk to drive              14.Everyone else
7.Underwater                      15.TV
8.Emmaline





BODYJAR (SHOCK)
★★★★
6作目にしてセルフタイトルなBODYJARの6thフル。 前作よりも更にエモ化が進み、メロの哀愁度も大きくアップ。Vo.の太い声がエモいメロディに合ってるので違和感はあまり感じません。 疾走系の曲は少ないけど、6.は前作のOne in a million系で◎。オフィでもフル試聴出来る2.を聴けば今作の方向性は大体掴めるかな... ONE DOLLAR SHORTの2ndとかが気に入った人は結構気に入るかもですね。 オススメは、1.2.4.5.6.10.
1.ANOTHER MINUTE          8.SHE DOESN'T NOTICE
2.LIGHTS OUT              9.PICTURE
3.CALL TO ARMS            10.STARTING OVER
4.OUTSIDE IN              11.DESCENDANT
5.LIFE STORY              12.ONE MORE CHANCE
6.SAME PROBLEM            13.NEW DIRECTION
7.BLIND DOG





IS IT ALIVE (SHOCK)
★★★★
オフィシャルとしては初のリリースとなるライブ盤。 オーストラリアでは国民的バンド(?)という彼らの人気がうかがえると共に、安定した実力もうかがえる作品に仕上がっております。 3rd以降からの選曲が中心だけれども、初期の名曲たちはしっかり入っており、ベスト盤と遜色ない内容。 6th同様なぜか日本では流通が良くないですが、BODYJARが好きならぜひぜひ聴いておきたい一枚です。
1.SEQUEL                      9.A HAZY SHADE OF WINTER
2.ANOTHER MINUTE              10.STARTING OVER
3.NOT THE SAME                11.IS IT A LIE
4.YOU SAY                     12.TOO DRUNK TO DRIVE
5.OUTSIDE IN                  13.ONE IN A MILLION 
6.LIGHTS OUT                  14.MAKE A DIFFERENCE
7.17 YEARS                    15.CALL TO ARMS
8.FALL TO THE GROUND          16.WIND SOK








LOUD SIDE OTHERS TOP
SEO [PR] ギフト 音楽配信 コンサート情報 わけあり商品 無料レンタルサーバー