Split

Split EP (2003)

★★★

Name Takenとの各4曲ずつのスプリット。 Bayside側はイーストベイパンク特有な渋みの強いメロディックナンバー4曲(内1曲アコースティックナンバー)。 後のサウンドと比べると歌声含めちょっと軽みを感じるかな。音的にも曲的にも。 この後リリースされる1stアルバムにも収録された3.がダントツに良いですね。

Bayside side
1.Loveless Wrists
2.Cold And Blue And Lifeless
3.Just Enough To Love You
4.Answers We'll Never Get
Name Taken side
5.Write Back
6.You Do It So Well
7.I Quit My Scene
8.Magnolia
1st

Sirens And Condolences (2004)

★★★

1stフル。 前スプリットよりも更にAlkaline Trioからの影響を感じさせるような、キャッチーじゃないけどジワジワ来る哀愁感あるメロディラインとエモーショナルなボーカルが特徴的です。 オープニングナンバーのようなピロピロギターのアレンジも"らしい"ですね。 絶妙なショボダサ感がなんとも言えない2.や爽やかなサビの3.、終盤でメタルな展開をする暗めの9.、エモパンク的な要素を強く感じさせる10.など、 意外と器用に色んなことをやってる印象もあるのですが、良くも悪くも地味です。 個人的には1.とか8.みたいなストレートなナンバーをもっとやってくれると嬉しい。 オススメは、1.8.10.

1.Masterpiece
2.Poison In My Veins
3.Phone Call From Poland
4.Talking Of Michelangelo
5.Alcohol And Altar Boys
6.A Synonym For Acquiesce
7.How To Fix Everything
8.Kellum
9.If You're Bored
10.Just Enough To Love You
11.Guardrail
2nd

Bayside (2005)

★★★

2ndフル。 ドラマーが交通事故で他界し活動自体が危ぶまれた影響もあるでしょうか、哀愁感のあるメロディには磨きがかかり、メタリックな要素が強くなった印象です。 4.のようなスローテンポなナンバーも前作のそれより、より大仰的でサウンドのスケール感はグンと上がった印象があります。 5.のメロディラインなんかはもう"演歌か!"というくらい渋いけどキャッチーで濃味なものになっています。 ボーカルのエモーショナルな歌声もパワーアップしてます。 オススメは、2.5.11.

1.Hello Shitty
2.Devotion And Desire
3.Tortures Of The Damned
4.They Looked Like Strong Hands
5.Montauk
6.Blame It On Bad Luck
7.We'll Be O.K.
8.Existing In A Crisis(Evelyn)
9.Don't Call Me Peanut
10.Half A Life
11.Dear Tragedy
3rd

The Walking Wounded (2007)

★★★☆

3rdフル。 サウンドの幅が更に広がり、ポップな側面が強くなった印象です。Vo.の歌声はより活きるような形になっており、いい方向に進んでるのかなぁと思います。 まぁでもヘビーロック的なアプローチ2.やシャレオツPOP風なアレンジを聴かせる7.よりも、ストレートな哀愁メロディックの4.や8.の方が光ってるのでそっちを突き詰めていって欲しいかな。 オススメは、1.4.8.

1.The Walking Wounded
2.They're Not Horses, They're Unicorns
3.Duality
4.Carry On
5.I and I
6.Choice Hops and Bottled Self Esteem
7.Head On A Plate
8.Dear Your Holiness
9.Landing Feet First
10.Thankfully
11.A Rite Of Passage
12.(Pop) Ular Science
5th

Killing Time (2011)

★★★★

5thフル。 前々作と比べると作品に一本シュッと筋が通ったというか。がっしりした安定感が出てきました。 彼らの元々の路線であるAlkaline Trio直系なナンバーを軸に、ハンドクラッピンも飛び出す西海岸な明るい4.やピアノ&アコギ主体のバラード8.など相変わらず手広くやってはいますが。 直球メロディックなナンバーの方がやっぱりかっこいいですけど、ミディアムテンポナンバーもかなりさまになってきました。 オススメは、2.7.9.

1.Already Gone
2.Sick, Sick, Sick
3.Mona Lisa
4.It's Not A Bad Little War
5.Sinking And Swimming On Long Island
6.Seeing Sound
7.The Wrong Way
8.On Love, On Life
9.The New Flesh
10.Killing Time

SEO [PR] ギフト 音楽配信 コンサート情報 わけあり商品 無料レンタルサーバー