1st

GAME!

★★★★☆

1stフル。 メロディックパンクにFUNKの要素などを取り入れており、非常にトリッキーな楽曲が特徴的。 FUNKと言えば個人的には初期Frenzal Rhombが思い浮かびますが、彼らの融合具合はそれ以上。 楽曲の土台を支えるメロディックパンクな要素がしっかりしてますので、変り種はちょっと...って人でも聴きやすいかも。 9.は聖者の行進のカバー。 オススメは、1.2.12.

1.Boyfriend's Habits (Kazim)
2.About Me
3.Jen S.
4.Everynight
5.Tales of Germany (Mandolino)
6.Fat Vobis
7.Mr.Crepes
8.Fear to losin' a friend
9.O.W.T.S.
10.June Kill
11.Paster of Muppets(Mourad)
12.Porn Actor
13.My inspiration's Gone
EP

Upa A Baba

★★☆

1stアルバムよりもはるか前にリリースされていたEPの再発盤。 当時高校生ということで、サウンドには粗削りな部分もあるし、高速メロディックパンクな2.を筆頭に、比較的直球なナンバーを演っておりますが、 "幸せなら手を叩こう"のカバーをしちゃったり、5.なんかではスラップばしばしのファンキーなイントロ入れちゃったり、後の彼らに繋がるセンスの良さはそこら中に散りばめられております。 オススメは、2.5.

  • 1.Action Intro
  • 2.Stalefish
  • 3.War
  • 4.Psychopanic
  • 5.Stressing Tie
  • 6.If You're Happy
  • 7.Actionmen
  • 8.Action Outro
Split

Coalition

★★★★☆

Forus、Actionmen、Hero Of Our Time、Play Attenchonの4バンド各3曲ずつのスプリットアルバム。 Actionmenは初っ端の4つ打ちディスコメロディックパンクナンバー4.から度肝を抜かれます。 続く比較的ストレートなメロディックパンクナンバー5.では日本語詞にチャレンジ。絶妙に何を言ってるかはわかりませんが、違和感を感じさせない出来。 6.は少しハードコア風味を取り入れたインストナンバー。たった3曲なれど、センス及びテクニックの高さは十分すぎるほど発揮されてます。 今スプリットの面子ではやっぱり一番好き。

  • Forus Side
  • 1.I Only Go To School For The Handrails
  • 2.Under Stress
  • 3.The Unlucky Number
  • Actionmen Side
  • 4.Ram Das
  • 5.Perinos
  • 6.The Beast
  • Hero Of Our Time Side
  • 7.Spare Some Change
  • 8.I've Never Been Good At Saying Goodbye
  • 9.The Army Of Carbon Copies
  • PLAY ATTENCHON Side
  • 10.Back To Square One
  • 11.Against The Wall
  • 12.Insult To Injury

-Member-
Libe(Vo,Gt)
Teo(Vo,Gt)
Diego(Ba)
Snico(Dr)

-メモ-
イタリア発の5人組メロディックパンクバンド。
メンバーには元Meanwhileなど。日本盤はBELLS ON RECORDSさんよりリリース。

-オフィシャル関連-
OFFICIAL SITE
Myspace

-関連レビュー-
Forus
Frenzal Rhomb
Hero Of Our Time
MEANWHILE
PLAY ATTENCHON

SEO [PR] ギフト 音楽配信 コンサート情報 わけあり商品 無料レンタルサーバー